« 2013年1月 | トップページ

2013年5月

2013年5月27日 (月)

ニュートラル

オートマ車のシフトレバーにある【N】です.ニュートラル.
ここに合わせておくとアクセル踏んでもエンジンの回転数が上がるだけで、前にも後ろにも車はうごきません.
どのギアにも噛んでいない、そういう状態を意味します.

いろんなお店、チームやコミュニティが存在するせまいせまい趣味のセカイの中で、私はどこにも属さずに居る.決して孤独を愛しているわけではなく、ただ(自分で言うのもなんだけど)もともと孤独耐性と個と他の切り分けのバランス感覚があるだけなんだけど.

属する安心感よりも、属することでただでさえ狭いものをさらに狭めることを憂う気持ちの方が大きいことが根底にあるのがその根拠らしい(たぶん).結果、ニュートラルな立ち位置を自ら選んでいて、それを自分でもまぁまぁ気に入っている.
みんなと仲よく.それは決して悪いことじゃないはずなのに、どこかに属した途端に『八方美人』などと揶揄されることがある.ムラ社会ではありがちなことで幼少期から大人になるまで何度となくその学びの場は繰り返されてきたはずだ.

そんな折り、(相変わらず仲よくしてくれている)彼が新しいキャリアを踏み出した場所は自転車レースの中でニュートラルサービスを行う組織を持つ会社.このニュートラルサービス、というのはどこの国、どこのチームに属していようとも、トラブルがあれば救援するというシステムになっている.そんなフラットな理念は私の大好物だ.
わたしにとても良く似た性質を持つ彼がMavicに籍を置くことになったのは偶然ではないような気がしている.

わたしたちはとても相性がいい.(たいちが私に合わせてくれているという話しもあるw)

http://cyclist.sanspo.com/72675

彼が取材されてた記事を忘れないようにクリップ.

ニュートラルな人、というのは自然体であることを意味することでも使われる.
だんだんいろんなものが削ぎ落されてより素に近づいてきた近年.私の鍵となる言葉は【ニュートラル】ということなのだろう、ということでメモ.

Tour of Japan 終了

1週間のTour of Japanが終わって、ようやく我が家にも『普通の朝』が訪れました.
とはいえ、これもひとときの休息.3日後にはTour de 熊野へ移動.
まだまだ気の抜けない日々が続くようです.

私は私で、選手でもなく、観客でもない、ちょっと変わった視点でレースシーズンを感じている日々.
最初の一年はとにかくやってみないとわからないことだらけ.どんなものか、分からないなりに生活全体がそれに合わせたものになっています.
そんな中ぼんやりと頭に浮かぶのは…

11月のツール・ド・おきなわが終わったら、ちょっとお休みできるかな.

これまで「おきなわ」と言えば、自分が走りに行くことしか考えてこなかった私の中に新たな指標が生まれました.
シーズンの最後を締めくくるレース.という意味で.

今年、私はオキナワへ走りに行くことはないだろうけれど、オキナワが終わって、ちょっとお休みがとれたらたいちと二人で行きたいところはたくさんある.ほんとに行くかどうかはわからないけれど.一緒に過ごし足りない時間はそこで取り戻したい.

それまで、わたしにはパン焼くくらいしかできないんだけど、がんばれ.ちょうがんばれのココロ.

« 2013年1月 | トップページ

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログ村