« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月30日 (月)

木祖村に向けて合宿だ!Day2

翌朝.ガサゴソと気配を感じてうっすらと目が覚めたら、堀さんがちょうど出かける仕度ができあがったところのようだった.けど、外の明るさからすると…予定してた時間よりはちょっと遅かったんじゃなかろうか…そんなことを思いながら半分寝ぼけて『お気をつけて〜』と手を振って、再びウトウト…

Img_1009

して、そろそろ起きる時間かなぁ、と身体を起こそうとしたらちょうど同じタイミングでてっちゃんも目が覚めたようだ.『脚が重てェ…』…でしょうねぇ(笑)前日あれだけ走ったんですもの.仲沢さんは窓から見える富士山をパチリ(笑)

「松村さんは?」とテツヲ.

…いない.布団はもぬけの殻である.やはりあの方は行ってしまわれたのか.…朝練へ.

そういえば、堀さんに声かけたとき、松村さんも起きていたような気がする.まさか御殿場から輪行する堀さんを送って御殿場まで往復してるとか?んで、そのついでにあざみライン一本上ってきたとか言うんじゃ…いやいや、明神峠じゃないか…

朝から松村さんの朝練の行き先で話題は持ち切りである.しかし、昨日あれだけ走ったと言うのに、そして、今日もこれからまた一日中上りまくって走るというのに、さらに朝練とは.
【キングオブへんたい】の称号はまつむらさんに冠してもらうのにふさわしいと確信した.

P1110854
『朝ご飯どうする?』 「これだったら、あるよ」と出て来たのは、前夜買っておいたカップヌードル.「じゃ、それでいいか」とカタオカさんがみんなの分、お湯を沸かしてくれた.
朝からみんなでカップラ.オトナの合宿である.

カップラをズルズルとやりながら「松村さん帰ってこねぇなー.どこまで行ったんだ?」とテツヲ.そのうちに帰って来た松村さん.で、ドコ行ってたの?と聞くと.

「明神峠」

おぉー!誰だっけ明神峠って言ってたの.カタオカさん?当たりじゃんー♪と盛り上がる(笑)
明神峠ってね、めっちゃくちゃキツいんですよ.以前、車で通った時、急な下りでコーナー曲がりきれなかった車が突っ込んでて、それを救出に来たとおぼしき積載車もそのちかくで事故をしてて、というのを目撃したことがある.それくらい、キツい峠.まったく、あそこを朝練に選ぶとは…さすがキングオブへんたい.やることが違う.

P1110855
カップラ食べて、片付けして、いよいよ準備.日焼け止めを塗り、ストレッチを念入りに.
さぁ、今日もがんばって行きましょう〜ヽ(´▽`)/

私はもちろん、まずはサポートカーで(笑)
道志道を行く一行.普通、東京や神奈川へ帰るなら、このまま道志道をまっすぐ行けば、基本下り基調(もちろん何度かののぼりを繰り返しながらではあるけれど)で、帰ることができる.

だがしかし.

そこで素直にまっすぐ行かないのが、この合宿のキモである.どうし道の駅のところを左に折れて、山伏峠へ.
P1110861
Day1は軽い熱中症?で頭痛を訴え、途中からずっとサポートカーに長く乗っていたウメノさんも、今日は快調である.うっかりするとちょっと身体が冷えそうになる肌寒い朝.自転車乗るにはちょうど良い気候.がんばってー♪

山伏峠をサクっと終わらせ、お次は松姫峠.
P1110895
先行する一行と間が空いてしまったカタオカさんを監督がアシスト.強い選手にはおもりとなってぶら下がる監督ですが、こんなスペシャルサービスもあるのか!すごいぞTakashi NAKAZAWA!

P1110904
所々に車を止めて、私と仲沢さんはそれぞれカメラを構え、走るみなさんの写真を撮る.
さすがバイシクルジャーナリストの仲沢さんは自転車選手の写真を撮る構図も自分のモノをもっていらっしゃる.ちゅなどんは仲沢さんにプチ写真講座をしてもらう.フフフたのしい♪

P1110909
写真講座を受けた後の写真.どう?違い、わかるかな?(笑)あ、仲沢さんはフラッシュ使ってたんだよね.ちゅなどん、電池温存でフラッシュ使わなかったな…(反省)
写真はいつもメモ代わりだったんだけど、上手に撮れるようになったら楽しいよね.

P1110925
3人とも無言のまま、ハァハァという息づかいだけを残して上って行く.
すごいなぁ.もう、ほんとここまでも大概上ってるし、ここからも大概上ってる.
後半、3人バラけて、テツヲ、松村さん、ウメノさん、カタオカさんの順でピークへ(合ってるかな?).

ここでちょうどお昼どき.途中のコンビニで買って積んでおいた食料でランチタイム.
P1110982
みんなどことなく、口が重い…(あたりまえか)
P1110978
おそらくここまで、この看板の通り約37kmほどを上り続けてきたのだろうから.

下りは自転車の方が早いから先に行ってもらいましょう、ということで、自転車隊先行.私たちは車でゆっくり後を追う.目に留まった鯉のぼり!そうだ.こどもの日が近いんだもんね.
P1110987
谷を渡す鯉のぼり.壮観.
思わず車をとめてパチリ.
バイクでツーリング中の人もそんな私たちを見たのか、同じく路肩に寄せて止まり、パチリ.
こういう風景は都会じゃ見られないものだからね.

さて、と.さらに下って、今度は「わーすごいココ!」と仲沢さんが反応した.
P1110998
桜の絨毯だ!散りたてとおぼしき奇麗な花びらがびっしり敷き詰められた駐車場の一角.ほんとうに、これは見事だわ.と車を降りて、パチリ(笑)

P1110999
ここもやはりまだ桜の花が残っている.昨日の暑さで葉が出た感じかな.
ほどよく風が吹いて桜吹雪がとてもきれい.

そうしながら、ふたたび都民の森(風張峠)のふもとへ到着.
昨日とは反対側から上ることになる.ここで車に乗ることにしたカタオカさん.ほんと、オツカレさま!よくがんばりましたー!

駐車場で回収していると…
P1120001
私にとってはおがわまことと倉本さんでお馴染みのFitteご一行様が登場.なんと!子供さんが混ざっててびっくり.ドコから走ってきたのか知らないけれど、オトナと一緒にすごいねー.
私が「おがわまことはー?」って聞いたら、どなたかが「八ヶ岳上ってますよ」って答えてくださった.ありがとうございます(笑)

「ここからはゆっくり走るから、自転車下ろして走れば?」とテツヲがニヤニヤして言う.「ぜったい嘘だね.野崎さんはゆっくり走ることができないんだから」と固辞する仲沢さん(笑)
私も知ってる.フラミンゴと一緒に走った時、最初はゆっくり走ってるんだけど、てっちゃんて、だんだんペースが上がってくるんだ.私はそれでも加減してくれてるの知ってるから、がんばって着いて行くんだけど、いつの間にか後ろが切れてるんだよねー(笑)
で、気がついたら平地で40km/hをゆうに超えて、下ハン持ってる.それがテツヲなんだよ.

P1120008
…と、おや?なんかちょっとゆっくりじゃない?(笑)
ほんとに紳士協定が結ばれているようだ.いったい、この均衡はドコで崩れるのか…この先が楽しみである(ニヤリ)

P1120016
もうかなり上まで来たよ.まだ誰もアタックしないの? と、煽るギャラリー(笑)
「挑発には乗らない!」と宣言するてっちゃん.ホントかよ…

と言ってる間に、ほんとにピークに到達.なんだ、やればできるんじゃん.
松村さん「こんなにゆっくり走ったのははじめてだよ」だってー.(でも、そのペースでも私はヒィヒィ言うと思うんだけどね)

それじゃあ、最後は昨日みたいに車で先回りしてもらって、自転車でゆっくり上ってみんなを待つかー、ということで、最後の峠、大垂水峠か和田峠のどちらか…仲沢さんが和田にしようよ、というので和田.テツヲは大垂水の方が良さそうだったけど.
しかし、和田峠、裏を上るのは初めてだったんだけど…キッツー.ゆっくり上るのもそれはそれでしんどい勾配.12%の看板、3回くらい見たような気がする…気のせいじゃないよな…
表は屈辱のリベンジままならぬ和田峠.急勾配を見るたびに思い出すのはここのこと.

ゆっくり上り始めた…と思ったら、もう追いついてきちゃったよー.早すぎるよー.まだあと半分以上のこってるんじゃん?
っと、仲沢さんがいきなりものすごいケイデンス!でクルクルクル〜と松村さんを追いかけ始めた.
そして…
P1120031

がしっ つっかまーえたっ♪

また、である.もう、本当に、最後の最後のこの和田峠でぶら下がり…って鬼監督だなぁ(笑)
苦しそうな松村さん.だがしかし.松村さんは、苦しめば苦しむほど、喜びを感じるんだそうだ.(仲沢さん談)ヨカッタね!松村さん.(ほんとうなのだろうか…)

しかし、ここの急な坂は昨日と違って、普通に上ってるだけでも息が上がるから、とてもじゃないけど、おしゃべりなんて楽しめない!
きっと仲沢さんも同じかな?と後ろを振り返るとなんとっ!!!( Д) ゚ ゚ 車に掴まってるやんかー!!!ずっるーい!ヽ( )`ε´( )ノ

と言うものの、私は車に掴まるのコワイから自力であがる.まぁ、昨日も大して乗ってないんだから、これくらいやんないとね.この二日間で太って帰ることになるわ(w
仲沢さんも、ずっと車に掴まっているわけではなくて、時々離しては、私につきあって一緒に上ってくださって…ありがとうございマス♪

『あの先回り込んだら峠(ピーク)だ…ったと思うよ』と今ひとつ歯切れの悪い励ましをうけながら(ほんとはまだ先があったw)、えっこら上って、何とか見たことある茶屋がある頂上へ到達.てっちゃんは待っててくれたんだけど、松村さんは…

なんと.自走で自宅まで帰るから、と先に下ったそうな…( ゚д゚)ポカーン

して、3人で和田の表を下る.が、表ってほんと急でタイトなコーナーが多く、とてもじゃないけど気持ちよくは下らせてもらえない.常にブレーキでコントロールしながらの下り.レバーを握る前腕が張ってくる.時々リリースして空冷しないと、って思うくらいブレーキあてなきゃ下れないような下り.
上り口の売店から先は緩やかな下り坂.ダウンヒル王子の力強い一本引きで気持ちよく陣馬街道を行く.

西八王子?のセブンイレブンで車が到着するのを待って、本日これにて無事、解散!
私とカタオカさんはリュックを背負い、車を置かせていただいているカタオカさんのご親戚のお宅まで自走.昨日の武蔵五日市駅よりは近いはずだから気楽なものである.しかも下り基調だし.
快適に走って、住宅地へ上がるところだけ、ちょっと上って、自転車バラして積み込んで、なぜかそのご親戚のお宅でケーキとお茶をいただいて(ありがとう!ごちそうさまでした!)、16号で帰宅.お世話になりました.ありがとうございます!

こうしてDay2も無事終了した.
blogにするには写真の選定、編集、文章…と結構手間がかかるので、Facebookのアルバムに写真を流し込んでひとまず、終わりっ♪

あとは、本番に向けて、コースの試走が控えている.
木祖村に向って、オヤジたちは走る.のだ.

2012年4月29日 (日)

木祖村に向けて合宿だ!Day1

一年の前半戦のメインイベントである2day race in 木祖村が近づいて来た.
テツヲは燃えている.
Armnd4dcaaecy9gjpglarge
このような練習コースを設定し、MLで参加者を募っていた.だがしかし、反応はわずか…当然である.一日で180km走って標高差5400m上るのだから.それって…富士山より高いんだぜ.五合目まで上る富士ヒルクライムが標高2400mとは言ったって、ふもとの北麓公園の標高が1100mくらい?標高差でいくとせいぜい1300mなのだから、その4倍ですよ.富士ヒルクライム4本分.でもって、距離が180km.(集合場所までの自走移動距離は除く)

そして、山中湖のテツヲハウスで一泊して、翌日また別のルートで上りまくって帰ってこようという計画なのですから.

ま、わたしは無理です(キッパリ).と知らぬ存ぜぬを決め込むつもりだったのだけれど…

なんと仲沢さんが「全部を自走するのは無理だけど、車で行こうかな.運転交代して走りたい人いない?」と嬉しいオファーを提示してくれた.それならば…

ヽ(´▽`)/ハーイ!はいはい、私行きます!と(笑)

そして、片岡さんもサポートカーがあるならば、ということで参加を表明.これで参加者はパインヒルズからてっちゃん、松村さん、仲沢さん、そしてなるしまの堀さん、ブラームスのイチローちゃん、KMCのカタオカさん、という顔ぶれになりました.全員、木祖村にパインヒルズ、オヤジーズとして参加する選手の面々です.(仲沢さんはチーム監督、カタオカさんは予備登録選手ね)

私ももちろん、サポートとして参加.個人TTの追走車ドライバーとして今年もコースで黄色い声援…もとい、茶色い激、を飛ばしながら選手を追い回します♡

一泊分の荷物をリュックに入れて、八王子にあるカタオカさんのご親戚のお宅まで車で行き、ここから集合場所である武蔵五日市駅まで自走.ずいぶん早く着いてしまったけれど、てっちゃんともう一方、ウメノさんというチクリヒデの方も早めに到着.イチローちゃん、堀さん、と続々と集合…で、松村さん.朝メシ練という朝練に出てからやってきた、と言うではないですか.今日、これから5400m上るんですよ?ここから丸一日中たっぷりかけて自転車乗るというのに…テツヲが呟く「ヘンタイ、だ…」私が驚く「松村さん、テツヲにヘンタイって言われてる!」

ここに集まった人は私以外、立派な変態的自転車乗りである.その中でお互い「こいつは俺より変態だ」「俺なんか、まだ、普通だよ」とやり合う.私に言わせれば、皆さん立派な変態です(キリっ)
P1110712
そんな朗らかな雰囲気でサポートカーの仲沢さんを待つ一行.今日行くルートにはコンビニとかないから、食べ物買っておいたほうがいいぞ、というてっちゃんのアドバイスに従い、みんなそれぞれ多めに食料を購入.荷物と一緒に車で運んでもらえるのだから、とってもありがたい.車がないならないで、ないなりの装備を整えて行くんだろうけれど、あるならある、でラクもできるし、補給食だってジェルやバーばかりではなく、普通におにぎりやサンドイッチなどすこーし「マシなもの」を選択できる.

だがしかし、集合時間の8時を過ぎても仲沢さんが来ない.
電話をかけても繋がらない.こここっ、これはピーンチ!しかし待っていても始まらない.自転車の私たちは出発が遅れることそれ自体がのちのち響いてくる.
「とりあえず、行くか」とテツヲ.
マジか…てか、この荷物背負って…わたしどうすんねん.そもそも車に乗るつもりで来てるのに…と青くなってたら堀さんが「荷物持ってやるよ」と.いやいや、フル装備の重たいリュック、持ってもらうなんて申し訳ない.と思いながらも、確かに私がこれ背負って走ったら、走れるものも走れないわな…ということで甘えさせていただいた.そして、リュックに入らないほど買ってしまった食料はテツヲのリュックへ(笑)途中で折り返しの予定だったイチローちゃんがサコッシュで堀さんとカタオカさんの食料を引き受けてくれた.
みんなで協力して荷物を分担して、いざ、出発.

とそこへ、仲沢さんから連絡が!
「近くまで来てるんだけれど、渋滞で進まない」と.それならば、先走ってるから追いついてね、ということになって、待たずにやっぱり出発.

P1110715
異様な集団である.普通、リュックを背負うような自転車旅の一行ならウェアは限りなく普段着に近いデザインの自転車ウェアを選ぶだろう.下手するとヘルメットすら被らず、シューズはスニーカーで.
この完全に「ロードレーサー」の格好でほぼ全員が大きな荷物を背負って走るという一団は、分かる人には分かる、異様な雰囲気なのだ.
武蔵五日市駅から第一の峠、都民の森(風張峠)までは上っている(当たり前).上り坂をものすごいスピードで駆け上がるリュック集団.それもキッチリ、ローテーションが回るのだから.

みんなの想いはただ一つ.

仲沢さんはいったいどの辺りでわれわれに追いついてくれるのだろう…

荷物を背負っているからといって、手を(脚を)抜かないのが彼らの変態たるゆえんである.上っているのにローテしながらまったくペースが落ちない.ちゅなどんは最後尾にぶらさがって千切れるまでは、がんばる態勢.
カタオカさんが下がって来たタイミングで一緒に集団から千切れて、単独走になった.今日は暑い.陽射しが強く、この冬から春にかけての中で一番気温が上がっているんじゃなかろうか.まだ一時間も走っていないのに、汗だくである.

な、、なかざわさ…ん

とみんなの願いが届いたのか(笑)、Takashi NAKAZAWA満を持しての登場である.まったく勿体つけますな.ここまでみんなが口々に「仲沢さん、さっき電話したときは、あれ、寝てたんじゃないか」とか言われていたのであった.ひどいなぁ、と内心思っていた私ではあるが、到着するなり仲沢さんが発した一言で、私は全てを理解した.

「みんな大体、僕がじかんどおりに来るって思ってること自体がまちがってるよ」

いい声である…(違う)
そんないい声でこんなことを言われた日には.ハイそうですね、と言うしかない.
ともあれ、みんな背中の荷物をようやっと下ろして身軽になった.そして私は鼻息荒い集団から一旦離れてサポートカーへ回収してもらう.
P1110721
みんな足取り軽やかに再出発!いってらっしゃい.がんばってーヽ(´▽`)/

P1110728
奥多摩周遊道路.トウキョウの自転車乗りから良く聞く「都民の森」というのはココのことらしい.私たち神奈川県民で言う『ヤビツ峠』のような場所なんだって.みんなが練習に来る峠道.正式?には風張峠、という名前.
ここも、ヤビツ同様に自転車乗りだけではなく、山歩き、トレランの方もたくさんやってくる山のよう.ゴーデンウィークらしいピッカピカの天気の元、たくさんの人がここを訪れていました.もちろん、自転車乗りもたくさんいたよ.

P1110731
仲沢さんの応援は自転車レースの本場、ヨーロッパ仕込み.かつて記者としてツールドフランスへも毎年取材に行っていたそうだ.そんな本場の声援に加えて、これ、である.実は現地のレースでも先頭集団から千切れた選手(着順に絡まないってことね)には、観客がこうして背中を押してやるそう.上り坂を苦しそうに上る選手の背中を押すのは簡単そうに見えて、実は意外と大変.見ているとゆっくりに見えても、そこは自転車.人間が坂道を走って上るのよりは微妙に速い.だから、人間はけっこう本気で走らないと押せないのである.

P1110732
いけっ!いけっ!と各国語で言える仲沢さん.venga! venga!とスペイン語、alles! alles!とフランス語、go! go!と英語…などなど(あとは聞いたけど忘れた).いい声で声援されたら選手もがんばっちゃうぞ.

全員、無事風張峠を下って集合写真パチリ.
P1110744
ここで折り返すイチローちゃんにお別れのご挨拶.のち、一行は次なる山を目指す.
仲沢さんもここからは車を降りて、自転車で参戦.この日のために用意したホイールはライトウェイト.これに12-27Tをつけて元気よく前を牽いて行く.なんとも力強い.

がしかし…
P1110783
力尽きるのは意外と早かった(笑) いや、本当はまだ余力があったんだろうけど、オトナの決断で自転車を降りる.
P1110786
続々と増える屋根の自転車…今日の暑さ、自転車乗るにはかなり厳しいもので、軽く熱中症気味になったウメノさん.柳沢峠で二人目の回収者となりました.
P1110791
続いてカタオカさんも…

最後まで上りきったのはやはりこの方.堀さん.
P1110797
そして、てっちゃん
P1110809
かなり間は空きましたが、松村さんも無事登頂.
P1110811
この日、この時間、岩手は八幡平で行われていた全日本選手権.そのロードレースの進行が気になる一行.それぞれ手には携帯電話、シクロワイアードのテキストライブを追いかける.その様子は公園に集まってゲームボーイに興じる子供たちのようだが、携帯を持つ手はきもーち遠目である.(オトナである)

ここから再び仲沢さんとカタオカさんは自転車で参戦.

この日のメインディッシュ的峠は、まだ誰も上ったことがない、という上日川峠.短い距離でガツンと上るタイプの峠.道路幅が狭く、時々上から降りてくる対向車とのすれ違いに気を使う.急な勾配.車のエンジンがウーンと唸って重そうに進むくらいだから自転車では大変なことだろう.誰だこんなキツいとこルートに入れたのは!
P1110830_2
自ら設定したこの峠で苦しむてっちゃん.マゾであり、サドである.

P1110841
この上日川峠がどれくらいキツかというと、これくらいキツイ、という写真.これは九十九折りになってるひとつのコーナーを曲がっただけの高低差.上りながら、遥か上に白いガードレールが続いて行くのが見えるとほんとココロが折れる.
しかしカタオカさんは「あと1km行ったら(降りるよ)」と言いながら、結局ピークまで走ったんだよね.エライ!

がしかし、この後、下山の途中にあった上り返しで両足前後の筋肉が同時に攣ってしまい、回収.いやいや.大変よくがんばりました.

回収に戻っている間に先行していた一行から連絡が入る.「笹子が通行止めだ」
P1110844
「俺、笹子のぼりたかったんだ…」と言いたげな表情の堀さんである.ほんとうにざんねんそう(笑)

これをパスして山中湖を目指すには御坂峠を行くのがいい、ということになり、ルート変更.そして「ここからしばらく下りだし走れば」と言っていただき、ここで私も自転車を下ろし、走ることに.準備してみんなと出発.下り、気持ちいい〜と走り始めた途端、ばしゅー.パンクである.ぁぁぁ.残念.今日は走るなってことかな.とがっかりして、路肩が広くなってるトコロまで歩いて移動.後方から来るはずのサポートカーを待つ.

もうみんな行っちゃったし、回収だな…と思っていたら.カタオカさんとウメノさんの二人はサササ、と仲沢さんのリアホイールを取り出して、パンクした私のリアホイールと交換してしまった(笑)まぁいっか.下ってるから一人でもいいや.と車に道を聞きながら走る.と、ほどなくして前方にてっちゃんの姿が.あぁ、私がいないんで戻ってくれたのかな?スイマセン.パンクした時「パンク!」って叫んでたんだけど、聞こえてなかったんだな.

で、堀さんもその先で待っててくださって、3人でゆっくり?とぶどう園が並ぶ集落を抜ける道を行く.「ここからは車で先回りしていけばいいよ」と待っていてくれたサポートカーに再び乗り込んで、御坂峠(旧道)の入り口まで先回り.
そしてまだ時間あるでしょ、とウメノさんがパンクした後輪のチューブを交換してくれた.「俺、サポートカー向いてるかも」って(笑)ありがとう.

仲沢さんとふたりで御坂峠の旧道をのんびりサイクリング.「上り坂もさ、これくらいのペースで走るんなら楽しいよな」って.デスデス.ほんとに(笑)

春の山は足下を見ればすみれの小さな薄紫に目が止まり、蓼の赤い葉がアスファルトを押破り芽を出している.見上げればまだまだ多く花を残している桜.ソメイヨシノとは違う、少し濃いピンクの桜が好きだ、と言う仲沢さん.植物の名前にとても詳しいのは大学時代に山(岩)のぼりをしていてたから.そして、現在、教えている高校で山岳部の顧問もしているそう.(かけもちでシンクロ?水泳部もね)

ずっとそんな調子で春の山を楽しむ、キャッキャウフフ♡のサイクリング.勾配もほどほどで、車の少ない峠道を鳥のさえずり聞きながら走ります.心拍は137くらい.脂肪燃焼ゾーンど真ん中.お喋りできる理想的なペースである(笑)

そんなこんなしてると…背後から「ハァッ ハァッ」と近づく息遣い.キタな・・・

ダラダラと顔中から汗を落としながら…テツヲと堀さんである.松村さんは遅れて上っているそう.「何だよ.楽しそうじゃねぇか」って.でっしょ♪だって楽しいもん(笑)
と、ここからはみんなでしばし楽しくサイクリング.
P1110846
のはずが…仲沢かんとく、突然テツヲの肩にガシッと掴まった.完全に脚を止めている.テツヲ、全身を使ってペダルを踏みおろす.…すごい.これはキツいだろう.仲沢さんヒドス.爆笑!
すると堀さんも「おれもさっきやられたんだよ.それも3回も!信じられない」って(笑)わははっ.

これは合宿です.高負荷をかけるためにこんな山岳コースを組み合わせ、ここまで走ってきたのですから、この緩いのぼりですら、高負荷をかけるとなると…おもりを下げるしかないではないですか(キリッ).と言わんばかりの仲沢さん.
掴まる方も、ぶら下がられる方も、力と技術が必要かと思われますが…でも仲沢さんはラクしたね(笑)

ピークのトンネルを抜けると正面に富士山どーん!
P1110848
ちょっと雲が増えて写真には写りづらかったんだけど、素晴らしい眺めでした.
P1110850
茶屋でいっぷく.
想定外の負荷がかかったてっちゃんのふくらはぎは両足ともに、ピクピクと意思とは関係なく筋肉が動き続けていて…コワイぃ(lll゚Д゚)

さてあとは下るだけ、ということで、気持ちよーく下山.下りならまっかせっとけー♪てなもんで、みんなから着かず離れず.切れずに降りたよ.楽しかった!富士吉田でマンションまで自走するみんなを見送り、カタオカさん、仲沢さんと買い出し部隊.ィ夜のお酒とツマミを買って、山中湖へ.

お風呂と食事はすでに定番.近所の石割りの湯で.松村さんは食事は入らない?とかでお風呂へ.残ったみんなでやっとこ食事にありつく.・・・が、言葉がすくない(あたりまえかー)
隣のテーブルで賑やかにしてたおばちゃんグループが「これ食べなさい」と、タッパに入ったきゅうりやらっきょの漬け物(持ち込みかよ!)を私たちに進めてくれた.塩分とちょっと酸っぱいのが美味しい〜.ありがとう!

お風呂でサッパリしてテツヲハウスで二次会.
P1110851
このマッタリした時間が【オトナの合宿】の一番楽しいひととき.いろんな話し、自転車の話しからそれたり、自転車の話しをしたり、ウダウダウダウダするのです.(でも、松村さんは毎日午後9時(!)には寝ているそうなので、この日も普段通り、早くにお休みになられました)

すると、仲沢さんの電話が鳴る.
そのお相手はなんとびっくり.この日八幡平で行われていた全日本選手権で見事優勝した土井雪広選手.えぇーーー?仲沢さん顔広いさすが!
P1110852
てっちゃんも???すごいなぁ.さすが自転車界の生き字引.
この後、みんなに電話を回していただいて、直接おめでとうを言うことができました!仲沢さんのおかげで全日本チャンプがグッと身近になった瞬間でした.うはー.すごいことだわぁ.

そんなに走ったわけでもないけれど、暑かったせいか、意外と疲れた感じがして、ちょっとソファで横になったらいつの間にか落ちてた.時々聞こえてくるみんなの話しにうつらうつらしながら間の手入れたりしつつ、眠りに落ちた.

Day1これにて終了.

2012年4月27日 (金)

のー通信2012 でわこなすの鉢にキノコが生えた

育苗器で過保護保育中のでわこなす.
今朝見たら…
Img_1006
キノコが(笑)

この前もハラペーニョの鉢に同じ種類のキノコが生えた.
このキノコ、丸い頭を出した翌日にはこうして傘を開き、夜にはしおれて翌日には形もなくなってしまうほどの儚いもの.
毒があるとかないとか、キノコ見ると思ったりするんだけど、まさかコイツを食べようとは思わないので、放置プレイです.

なんだか、色合いや柄も私が好きな焼き物の茶碗に似てるし.(関係ない)

家の中で電球をあてずに育苗してるとどうしても徒長気味になってしまう.昨年も、ヒョロっと見るからに弱そうな苗しかできず…これはどうしたものか、と思ったものだけれど、徒長ハラペーニョは無事育って収穫に至ることができたので、でわこなすも何とかなるだろう、と楽観しています.

美味しそうなレシピも調べたことだし、小さな新芽を見ながら『無事収穫できますように』と祈るばかり.

2012年4月26日 (木)

作ってみたい小茄子のレシピをメモ

まずは、これだけは絶対作りたい!【茄子・アンダルシアの夏】で出てくる『アレ』です.私がでわこなすを育てるきっかけになったレシピ.
■茄子のアサディジョ漬け(http://www.disseny.jp/kimama/recipe/r-card/06035.html

これも美味しそう.たくさん穫れたら作ろうっと.
■小なすのわさび風味漬け(http://cookpad.com/recipe/277515

ワイン漬けっていうのもいいね。
■小茄子のワイン漬け(http://blog.japan-wine.jp/?eid=150

いざ、という時、検索できなかった困るので、とりあえず、リンク集的に(笑)
その前に、ちゃんと育ってくれなくちゃハナシになんないんだけども…

パンを焼く

今日はパンを焼いた.
胡桃とクランベリーを混ぜこんだ、小さなフランスパン.
Img_1001
連休中の補給食のつもりだったのに…すでに2個減った.

この間、銀行のロビーで読んだhanakoに

現代の女性は生涯排卵回数が昔の女性に比べて増えている.
だから、ピルを飲んで子宮を休ませましょう.

みたいな内容の広告(たぶんタイアップ)記事があった.

その広告には「薬で生理をコントロールするなんて不自然な、と思うかもしれないけれど、それは違って、昔、出産を頻繁に繰り返した女性は妊娠期間に排卵がお休みになっていた.今ほど排卵の数が多くなく、それこそが、自然、で、現代の女性の排卵数の多さは子宮に負担になる.むしろ不自然な状態なのだ」というようなことが書いてあった.(うろ覚え)

自然、とか、不自然、ってなんだよ.ととても違和感があって、製薬会社はそこまでして人を薬漬けにしたいのか、と胸が騒いだ.(言葉を悪く言うと胸くそがわるい)

今現在、私たちが過ごしている自然、な生活スタイルの中で、ほぼ毎月、排卵がある、というのが不自然というのはどういうことよ、と.昔の人と比べれば、今を生きる私たちの栄養状態は格段に良くなっているはず.その結果、排卵回数が増え、負担になる(らしい)排卵の回数増加に耐えてるんじゃないの?と思わなくもなく.
私は排卵も、その後に続く生理も、月に一度、たまったオリを排出する大切なイベントだと思っている.身体は正直で、生理が終わるとスッキリと顔色が良くなるから、きっとそういうことなのだろう、と.経験上、そう思っているだけなのだけれど.

正直、生理はめんどうだし、体調も気分も優れないから、(もうこの歳だしw)この先子供産まない流れならさっさと上がってしまえばいい、と思うこともあるけれど、かといって、薬でそれをコントロールしようとは思わない.
この記事(というか、広告)真に受けて、そうか、ピル飲まなきゃ!ってなる女子が増えちゃったらちょっと大変なんじゃない?さらに少子化進んだりして(笑い事じゃないよね).

モノ知らずな私が、たまたま目を留めてナナメ読みした記事に噛み付いて、見当違いなこと言ってたらごめんなさいですが…(押しつけ感の強い記事に対する抵抗感だけなのかも)

クスリ、があまり好きじゃないんだろうな.わたし.

2012年4月25日 (水)

好きなもの作って食べるしあわせ.

Img_0986
先週、実家から戻って以来、階下の仕事が終わってからどら印刷を手伝っていたので、食事はずっと外食.
カロリーは高いし、満足度は低いし、あんまりいいことないんだけど致し方なしでして.

ようやく昨夜解放されて、今日は久しぶりに自炊.
畑しごとの合間に帰ってきて作ったシンプルなトマトソースのパスタですが、本当に美味しかった.
育ちすぎた畑の葱を刻んでオリーブオイルでじっくり炒めて甘くして、自分で作ったアンチョビを一枚入れて、昨年畑で作ったソース用トマトで作ったトマトソース(冷凍してある)を.
上に散らしたイタリアンパセリ(一部、間違えてパクチー混じりw)も畑から.

しみじみ、美味しくいただきました.はうぅ.

のー通信2012 獅子唐、ズッキーニ植え付け 他

明日、明後日は雨が降るそうな.それならば…と、買うだけ買って自宅で育苗中だった獅子唐とズッキーニの場所を作って植え付けてしまうことにした.
そして、芽が出そろったじゃがいも2種類の芽かきと土寄せもしておかなくちゃね.

ということでお昼前からぼちぼちと畑へ.
Img_0993
わさわさと茂るじゃがいもの芽.写真左側の列がアンデスレッド.右側の手前2/3くらいがシンシア.アンデスレッドは植え付けが1週間早かった上に小振りの種芋を丸ごと植え付けたから芽の数が多くて、すでにワサワサ.
大体、ジャガイモはひとつの種芋から2〜3本の芽を残して育てるというのがセオリー.しかし今回のアンデスレッドは多い芋だと5本も6本も芽が出てる.だけど、私は本当に、この「芽かき」とか「間引き」が苦手なのであります.

心を鬼にして、株の中へ手を突っ込み、茎の太さを指先で探り、なるべく細く弱いものを選んで抜き取る.えーん.ごめんなさいごめんなさい(;´Д⊂ アブラムシ潰すよりこっちの方がよっぽどごめんなさい感強いです.まだ慣れません.
それでも株によってはどの茎も丈夫でしっかりとしていて、選びきれずに4本残してしまったり…

挙げ句、その様子を農メイトに目撃されて『ちょっとその株は茎多くねぇか?』とツッコミが入り「やっぱそうですよねぇ…」と、泣く泣くもう一本を抜いたとかいう有様.

いや…彼のおかげできっと私は良いじゃがいもを手に入れることになるはずだ.感謝である.

Img_0995
勝手に増えて暴徒化してるイチゴたち.花盛りである.
しかし、まぁこの中で私のくちに入るのはいいとこ数個.ネットかけずに置いておくと、ものの見事に鳥たちの餌食になるのです.私がいただくのはまさに『残り物』.

堆肥積むだけ積んで放置していた場所を耕して畝を立てる.
マルチ(黒いビニールシート)を張って、獅子唐とズッキーニを植え付けた.ズッキーニは一株だけ.獅子唐は2株.毎年、獅子唐は2株でも山ほど穫れる.他の野菜が穫れなくても、獅子唐だけは鈴なりである.しかもとても美味しい.

3食100円くらいの焼きそば買って来て、獅子唐焼きそばとか夏の定番お手軽ランチ.
オイスターソースに塩と花椒で味付けすると、ベツモノの味わいです.大好物♡

Img_0992
ルッコラの花が満開.畑の隅っこに生えっぱなしのルッコラ.これはこのまま放置して種取ります.もうルッコラの種は買わずに済んでる.種取るまで放置できる場所があることがありがたい.

Img_0996
充麦のカゲヤマくんにいただいて、試しに播いてみた麦.かなり大きくなりました.もうすぐ穂が出そうです.フフフ.楽しみ.きっと粉にしちゃえばちょこっとクッキー焼くのが関の山だろうけど.種残して、また来シーズン、たくさん作付けしてみようかしら.

Img_0988
例年ならゴールデンウィーク直前のこの時期、野菜苗で埋め尽くされる近所の園芸店【いざわ】さんですが、今年は空きスペースが目立つ.
今シーズンは気温が低いので、苗の仕入れを遅らせているそう.トマト、茄子、ピーマンなんかは揃ってたけど、瓜系、オクラなど、気温が高くならないと育たない種類のものは皆無.

いつもなら、この苗売り場にせき立てられるように畑の準備をするのだけれど、今年はのんびり葱畝の片付けしてからでもよさそうねぇ(笑)

中玉トマトの品種、まだ決めかねてるんだけど.どうしようかな.
昨年、成績良かったレッドオーレにするか、昨年失敗したフルティカをリベンジするか.
去年は黄色いトマトにも挑戦してみたけど、トマトはやっぱり赤い方が美味しいと思う旧人類.なので今年は黄色はナシで.
代わりにピーマンは黄色のやつを一つ混ぜた.

色とりどりの野菜が食卓を飾る夏が待ち遠しい.

2012年4月21日 (土)

夢も希望もない峠、ヤビツ 102.1km

今日は、ひとりでいたかった.なんだか疲れてしまっているみたいで(そりゃあたりまえだ.今週はしょっぱなから実家往復の運転+むこうに居る間ずっと誰かが一緒にいたのだから)、無性に孤独への欲求が高まった.

『そうだ、ヤビツいこう』(華麗なるパクリ)

そんな時はヤビツに限る.あの鬱蒼としたヒノキの木立を縫って走る峠道.晴れていても、薄暗い.登ったところで美味しいパンなどどこにもない.どころか、アクエリアスですら200円もする峠、ヤビツ.あそこは一人になりたい時に行くに限る.だって楽しくないんだもん.

ということで、ずっとあーるしすを履いていたところをzondaに交換.ついているカセットの都合である.zondaには12−25T.これを外してあーるしすに付け替えれば良いだけのことなのだが…固着して外れない(私の自転車こんなんばっかりw).ので、山へ行く時はzonda.ただそれだけ.だけど、今日気づいてしまった.zondaは重い.鉄下駄R500に比べれば断然軽いのだけれど、あーるしすと比べては…まぁ、しょうがないのですが.ほんとはカセットもう一つ手に入れられれば解決するんだけどね.とほほ…

日焼け止めを塗りながらtwitterを見ていたら、@7ga4さんの『寒くて動けない』というツイートを発見.それを見て、冬アンダー+冬レーパン、長指グローブの冬セット.もちろんウィンドブレーカーはツール缶に仕込んである.

出発前に一応、長後街道でヤビツへ行くルートも調べたんだけど、結局、海まわりで行っても大して距離は変わらず、それなら平坦な海ルートで行こう、ということにした.長後街道で行ったとしても、途中絶対どっかで登ってるんだもんね.善波峠とか余計な峠も登んなきゃいけないし.

久しぶりに海沿い134号を西へ向う.後ろから抜いてきたsynergyジャージさん(先日のツールド八ヶ岳に出られてた方だそう.大観山へ行くとおっしゃってました.お名前、聞けなかった…)に後ろにつかせていただいて、快適ライド〜だったんだけど、湘南大橋の向こうは相変わらず路肩の工事のせいで渋滞する車と同じペースでしか進めない.これは…しばらく他のルートを考えた方がいいかもしれないな…シナジーさんにお礼を言って花水橋で別れ、私は秦野に向う.

追い風に『行け!行け!』と背中を押されてあっという間に秦野市.
名古木まであと数キロのところでメロンパンを補給.山を見上げると上はガスってる.それに、風が冷たくなってきた.しかし、食べちゃったからには走らねばならぬ.ヤビツ一本で燃やせるのは約400kcal.メロンパン1つ385kcal+カフェオレ100kcal.頂上でのご褒美に【速攻元気ゼリー】も背中に仕込む.

Img_0973
さて.来てしまいました.ヤビツの入り口.名古木交差点.ここ来たの、何年ぶりかな.とりあえず、昨年は来てない.はず.一昨年のOSMも箱根ばっかりでヤビツには来なかった.
蓑毛の直登萎えるなぁ…(´-д-`)とネガティブな記憶だけが蘇る.

スタート.コンビニまではゆっくり上る.つか、コンビニまでがキツいんですけど…
そのコンビニ、デイリーストアで案の定信号にひっかかる.店の前で補給中だった自転車乗り(女子が2名もいた!)に「もう終わったんですか?」と聞くと、元気に「もう行ってきたよ〜」と明るく答えてくれた.上、寒かったよ、って.…やっぱり、か…覚悟は決まってるけどね.

「じゃあ、行ってきまーす!」と手を振ってゴー.

蓑毛のバスの転回所までがまずキツい.ずどん、とまっすぐ上るあの道のイメージは強烈で、私がヤビツ嫌いな理由の一つ.ひたすら我慢して、軽いギアでくるくる回す.それでも心拍は170bpm超えてる…ぅぅぅー.
しかしバスの転回所を過ぎて、斜度が6%くらいで安定してくると同じくらいの心拍でもラクに感じてくる.と言っても、キツイことにはかわらないんだけど.これまでの経験の引き出しから、キツかった上りのシチュエーションを引っ張りだして「あれよりはマシ」と自分を慰める.

今日の引き出しはマスケンさんプレゼンツの白河グルメライドだった.あのときの上りの方がよっぽどキツかった.距離は8kmと短かった?けど、平均勾配が12%だっけ?沖縄の後だったから走れたようなもので、今だったら絶対無理!あれに比べたらヤビツなんてかわいいもんよ、とそんな調子.

苦しい、ばかりじゃどうしようもないから、少し景色とかも見てみる.けど、曇っていて視界はあまり良くない.秦野の街を見下ろせるんだけどイマイチ(笑)見下ろせる、ってくらいだから、かなり標高は上がってきてる、それがほんの少し、心の支えみたいになる.
そして、桜.
まだ花が残っていて、風が吹くとはらはらと散る花びら.吹雪、というまでではないけれど、ゆっくりと舞い落ちる花びらを纏って走るのは悪くない.
ヒノキの森に入ると、木の良い匂いがする.今日は土曜日なのだけれど、すれ違う車も抜いていく車も少ない.排ガス吸わなくていいのは嬉しい限り.緑の匂いもぐっと濃くなる.肌寒いけれど、季節は春から半歩、進んでいるみたい.

今日はどんな頑張っても大して頑張れない(理由:身体が重いからw)んだし、と気にするのは心拍を落とさない(168〜170ちょいちょいで)ことだけにして、走ってる最中はタイム見なかった.

菜の花台を過ぎてラスト5kmほど.ここからがまたちょっとキツくなる.記憶の感じとそう違わないイメージでゴール.速攻で、背中の速攻元気ゼリーに手が伸びた.
そんなに頑張らなかったけど、キツイもんはキツい.コンビニから47分でした.(ガミ子さん調べ)遅い…(あたりまえ)
Img_0974
とりあえず『おやくそく』の写真.毎回撮らんでも、前撮ったやつ使い回せばええやんかなぁ…と上りながら考えてたんだけど、やっぱりね、ほら、細かい仕様とか変わってる(特にバーテープとかw)んだから、手を抜かずに撮影(笑)

途中抜かれて先着してた人たちもまだここにいて、写真頼まれたので撮って差し上げたら『一緒に入ってください』って言われたよ.あれはどこのチームの人なんだろう.
しばらく雑談して、あまり冷えないうちに下山.…と下り始めたらいきなりサル?!リアル猿でした.至近距離でこっち自転車で猿の相手はちょっとビビる.向こうは悠々としてたから…悔しいけど私の負けな感じ.スイマセンスイマセンと急ぎ気味に、ってか下ってるから超速いんだけどwその場を立ち去る、通り過ぎる.

しかし寒い!分かっていたけど、下りの寒さは冬装備+ウィンドブレーカーをしても厳しい.ダメダメこれ無理!と菜の花台でちょっと休憩.
Img_0976
濃いピンクの花と桜の花びらが落ちて、ちゅなどんの自転車は楊貴妃かクレオパトラのよう(言いすぎ)美しい写真が撮れた.カメラ持ってくりゃ良かったな(走り終わったからこそ思う).
しかし、ここでもまだ寒くて、ゆっくりしたところで体温が戻るわけでもなさそうだから下山続行.足先さむいよー.シューズカバーしてくればよかった.うぇーん つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

ふもとへ降りて、しばらくするとウィンドブレーカーは邪魔になるはず…なのだけれど…アレっ?まだ脱がなくて良い?つか、かじかんだ足先が寒いまんま…なんで?なんで?
結局、サザンビーチ茅ヶ崎のコンビニに補給に入るまで着たまんまだったんだけど.これ、朝より気温下がってんだな.ちょっと予想外.しかしお腹空いたな.芋ようかん食べたけど、ぜんぜん足りん.手の指先もずっと冷たいまんま.
どこで何食べよ…頭の中がそれ一色になる(デ部).

辻堂のプルクワでパン食べるか、藤沢のたこ焼きか…2択にしぼられた.コンビニはもうイヤ.それだけはガチ.
Img_0979
で、4個200円のたこ焼きをゲット.マヨネーズかけていいですか、って聞かれたときに、一瞬躊躇ったあと…断ったおれえらい(* ̄ー ̄*)
マヨネーズってほんと高エネルギー体だからな.ソースとマヨって超合うけどね.そいえば、ぎゅんたでもマヨかけなかった.おれえらい(もういちど)

帰り道の海沿いは向かい風基調だったんだけど、境川でさらにその向かい風が強くなった.北風で冷たいよー.帰ったらシャワーで解凍だ.

最後はヘロヘロになって帰宅.たった102kmでこれかよ.いかんなぁ.弱ってるなぁ.ひとりだとダメねほんと.
って、今日は自らのぞんだ一人ライドだったんだけど.

やっぱりね、一度みんなで走る楽しさを知ると、みんなで走りたいと思うものだね.

もちろん、ひとりも大好きなんだけどね.で、今日のヤビツは楽しくなかったか、というとそうでもなくて、結局まぁまぁ楽しかったわけなのだけれど(笑)

2012年4月18日 (水)

バックトゥ ザ あまがさき day3 フラミンゴ朝練に

滞在最終日.本来の目的である法事は午前10時からの予定であります.
が、その前に…

Img_0957
朝練が決行に.
自宅からリカフェまで軽く走って、自転車を車からおろして準備.
レーパンとグローブは持って来てなかったけど、メットとシューズは積んであったから微妙にかんぺき( ̄ー+ ̄)

Img_0958
コースはジョージさんたちがいつも使っている逆瀬川〜甲山ルートだそう.
武庫川サイクリングロードを北上し、阪急逆瀬川駅の線路を越えて、西宮カントリー倶楽部の脇を走るということ.だがしかし.
ジョージさんは9時に出社せねば、ということで、西宮カントリー直前のここで私たちを残して折り返し.「リエ!ズン!あとは頼んだで!」って(笑)

で、二人に託された私はさらに北上.
Img_0962
写真、前方に見えるこんもりと丸い山が見えます.あれが甲山(かぶとやま).

Img_0963
意外と交通量の多いゴルフ場沿いの道をえんやこら登って、ちょいと小休止.まだ桜が残っています.
二人とも(もちろんジョージさんも)6月のMt.富士ヒルクライムにエントリーしているそうだから、これから本格的に練習スタートですね.がんばって!(私は応援に行きます!)

知らない道、どれくらい上るのかも想像つかないのでセーブして走ってたら、あっという間にピーク到着(笑)あとは一気にガーっと下って、武庫川を戻り、立花で解散!ジョージさんは部室の鍵を忘れて先に戻ってしまい、着替えができずにレーパンのまま出社していたそう^^;
みなさんお疲れのところ、朝からおつきあい頂いて本当にありがとうございました.
自転車、持って行ってはいたものの、まさか移動以外で乗れるとは思ってなかったし、みんなと一緒に走れたのが嬉しかったなー.朝の武庫川、気持ちよかったし、甲山森林公園?の池の辺りの景色もきっと子供の頃に見てたんだろうけど、あらためて、自転車であそこへ行ったのはとっても新鮮だった.

無事、時間までに帰宅してシャワーして、朝ご飯食べて、法事、御墓参りをこなし、ランチを家族でいただいて、帰路に.
さすがに帰りは眠くて眠くて、途中、ときどき止まって気分転換しながらでしたが、午後9時くらいかな.無事到着.はー疲れた.けど、楽しかった.

実家のみなさん、フラミンゴのみなさん、大変お世話になりました.
またお会いできる日を楽しみにしております!感謝.

---
そうだ.どうしても書き残しておきたい出来事があった.
武庫川サイクリングロードで北上中、前からやってきたロードバイク.一人は上下ジャージとレーパンにリュックで通勤練風.そして、そのすぐ後ろから来たのは…

上半身、ダークなスーツに首もとまでしっかりしめた黒っぽいネクタイに黒のスプリットジャケット風サングラス.だがしかし!下半身はハーフのレーパン、といういでたちのロードバイク( Д) ゚ ゚ナニコレ!

古いけどマトリックスって映画のスミス、みたいな…風にたなびくジャケットの裾.まるでコミックの一場面のようで…(あ、メットは被ってなかったけど)

さすが関西、というか、ネクタイくらいあとで締められるやん?と一同爆笑.
あの彼は、ダイレクトに客先に行くのか?自分の会社なら着替えられる?それとも遅刻寸前だった???いろんな謎が(笑)でも、彼の乗り姿はなかなかに美しいフォームで素人ではないことを思わせたのでした.

また武庫川走ったら会うかな?(もう一度見たい)

2012年4月17日 (火)

バックトゥ ザ あまがさき day2 さくらに乗って広島へ

法事を明日に控え、母がもう一つ私にオーダーしていたことがあった.
『あんたもそろそろ広島行っとき』

広島には祖母と祖母を見ている叔母と叔父がいる.それに、知らなかったのだけれど、実家のお墓もあるらしい.祖母は95歳.胃にガンがあると聞いたのは7年か8年前だったような気がするけど、切らずにそのまま、今も病院に入ってはいるけれど、達者だそうな.
とは言え、年齢が年齢なだけに、いつなんどき…とも限らない.そんなことで、決まった広島行き.

Img_0949
はじめて乗ります.新幹線【さくら】.鹿児島中央って…すごいなー.これ、乗りっぱなしで鹿児島まで行けるんかー…

Img_0948
薄いグレーの車体.テツコじゃないので、新幹線はくわしくないです.

P1110670
一番感激したのはコレ!カップホルダーが肘置きから生える仕様.エクセレント.
テーブル出さなくてもボトルが置けるって何気にシアワセじゃない?ぜひ東海道新幹線にも導入してほしいアイテムです.

P1110677
始めて訪ねたお寺さん.

P1110679
ちょっとまぐに柄が似ている猫ちゃん.(でもまぐの方がひゃくまん倍かわいい)

P1110682
自分ちの墓石探してようやくお参り.それにしても、ぎょうさん入ってはるなぁ.片面ぎっしり、反対側も…全部で何人入ってはるんやろ.

私自身にとってはお墓の意味ってないに等しいので、この墓石をリアルに感じることは一切ないのだけれどね.むしろ、荷物に思うくらいで.うちの旦那さんも結局最後は散骨になったそうだし、私も自然に還してもらえたらなぁという希望を持っている.生き物としてそれが一番自然なんじゃないかと思う.

生きた証、を死んだ後も現実世界に残したい、というのは、その世に名を残す業を成した者だけでいいんじゃないか、と思ったり.まぁ、それもきっと残された者が望み、その手によって残すことになるんだろうけれど.私にはいらんもんやな.生きた証はない方が生まれ変わりが楽しそうじゃないか、と漠然と思っている.
わたしの最後は土を肥やし、植物を育てる母なる大地の一粒の土になりたい.ので、私の骨は畑に撒いてください.ほんとに.良い肥料(骨粉だから燐肥かw)になれるように、日々せいぜい良い食物を取り、身体を鍛えておきますから.

P1110688
本当は歩いても良い距離だったんだけど、ただ乗ってみたくて市電?路面電車に乗った.
駅前のターミナルに線路が敷いてある.路面電車って面白い.乗ってしまえば見える景色は路線バスと変わらないんだけれど、街の風景としての路面電車は何とも風情があって好き.

Img_0954
ランチは広島駅の中にある名店街のつけ麺【ばくだん】で.冷たい麺と冷たいタレのつけ麺.初挑戦だったけど、タレが意外とあっさりしていて、野菜をちょい辛のドレッシングでいただく感じ.悪くない.

P1110693
五日市、という駅で降り、叔父と叔母に迎えられて、祖母のいる病院へ.
今時の病院って、お見舞いはマスク必須なのね.全員入り口でマスクして病室へ.

祖母はウトウトと、「最近、寝てるのか起きてるのかわからんようになってる」と言いながら、私たちが来たことはしっかりわかって、喜んでくれたようだ.みるみる調子が良くなり、秋山の家は男が残らない、という話しから「男はおらんでええ」「女だけおったらええんや」と言い出す始末.いやいや、それ、困りますから.実際、うちの実家は女が3人、私が入っておんなが4人.ハッキリ女系一家です.賑やかで楽しいですけどね.

あまり長居しても疲れるだろう、と病院を後にして叔父、叔母の家に.叔母が父の姉なのだけれど、このご夫婦が本当に仲が良くて面白い.私のいとこである息子が21歳の時に急死したという、普通じゃあまりない想像を超える苦しみを乗り越えてこられたこと、今揃って笑って日々暮らしていることが素晴らしいなぁと思う.
久しぶりにお会いできて良かった.

そして、再び尼崎.
帰って来たその足でふたたびリカフェにてまゆみ、ジョージさんと落ち合って、ぎゅんたへ.
P1110697
今回もオモニのお店は閉まっていて、ふとっちゃんのお店へ.
ふとっちゃんは昔ジョーズマートに時々ジョージさんに会いに来ていた時より、今の方が断然イイオトコになったと思う.人は本当に、日々、変わっていくね.どんな変化の可能性も否定しちゃいけないと思う.

昔、ジョージさんの元で一緒に働いていたまゆみ.実はみかりんの友人でもある.こちらも元気そうで、農トークに花が咲く.私の数少ない農メイト.彼女は日本古来の固有種に拘って農作をしていくつもりだそう.おばあちゃんの畑があるっていうのもいいね.
P1110698
とうがらしとプッチーニかぼちゃの種もらったよ.これから撒いてみるつもり.
場所、作らなきゃw

それにしても、ジョージさんにはお世話になりっぱなしである.私が尼崎へ向う数日前にもうちの母と偶然会って、お茶してくれていたそうで.ほんと、親子揃ってありがとうございます.あらためて感謝申し上げますm(_ _)m

そのジョージさんとは「また明日」と言って別れたわけなんですけれど…(笑)→明日につづく

2012年4月16日 (月)

バックトゥ ザ あまがさき day1

『あんた、お父さんの命日くらい帰ってきなさいよ』電話口で母に諭されるように言われてしまった.あいすいません.ずいぶんご無沙汰してしまっていました.実家.

4月18日が父の命日なので、それに合わせて久しぶりの尼崎.どれくらい久しぶりかと言うと…一昨年の夏ぶり?昨夏は尼崎飛び越してしまなみ海道行っちゃったんだもんね.便りのないのが良い便り、とは良く言ったもの.(ただの身勝手w)

で、一応、自転車は持参.自転車に乗る時間はなくても、せめてランはしようとランシューズとウェアと心拍計ベルトとガーミンも持参.というか、この装備だけはいつも手に届くところにあるので荷造りも真っ先にここから、になってしまう.
挙げ句、荷物のほとんどが運動系になってしまって、法事やら何やらの荷物は二の次である.いいのか?わたし…

午後3時すぎには向こうに着きたいから、と出発したのは午前10時.今回はノンストップで走り続ける予定で、コーヒーをボトルに一杯.補給食はセブンプレミアムのミニバウム.これだけで500kmを走りきる.水分を取りすぎて途中トイレに行きたくなったりしないように、飲むのはひとくちずつ.あと、給油もタイムロスになるので満タンにしたガソリンだけで走りきるためのアクセルワークを心がける.淡々と3500rpmシバリである.

結局、午後3時半尼崎到着.実家の鍵を忘れたので妹に連絡を取って出かける予定のところを待っていてもらう.有り難や家族.そして、荷物を置き、鍵をもらって、そそくさ、と行った先は…
P1110646
フラミンゴ自転車部の本拠地であります.立花のリカフェ.
ちょうどこの前日にヒルクライムの大会があったので現在広島在住の本村くんも来ていました.ジョージさん、リエ、ずん、みんな元気そうで何より.

そして、ずっと念願だったリカフェのランチ!(実は私が明るい時間にここへ来るのは初めてかもしれない…)
P1110644
シェフずんちゃんの作るご飯.ゆっくり味わいました.
とっても美味しかったです!ごちそうさま♡

みんなでやいのやいの、いろんな話しをしていたら時間はあっという間.今回ちゅなどんはぜひ行ってみたいところがあったので、皆さんをお誘いしてゴーゴー.(本村くん、逆方向なのにご一緒してくださってありがとう!)
とやって来たのは、Rapha Cycle Club OSAKA.
昨年、東京は青山でやっていた期間限定ショップ.今年は大阪で開催だそうなのです.実は私はラファの女子ウェアは今ひとつグっとこない.男性ものは素敵なデザインのものがたくさんあるのにね.という印象で、東京のお店には一度も足を運ばなかった.
P1110650
しーーん…と静まり返った店内に、いきなり大人数でやいのやいの…立花から行った4名の他にさらにここで待ち合わせていた京都のマッ茶ン、最近単身赴任で大阪へ来たばかりの@TOK_hotstuffさんも合流して、さらにやいのやいの.
店員さんのヴィンセント・フラナガン氏、京都在住なんだけど、実はその昔、七松町三丁目(超近所)に住んでいたことがある、という偶然もあって、盛り上がる(笑)
そして、シスターちゅなどんであるみかりんとその友人であるせっちゃんも合流して…狭い店内がさらに狭くなる.なんだかよくわからない団体さんと化すわたしたち.

そしてダメ押しの…北山さん登場(笑)なんでやねん!
ついこの間、一人で逗子のSunday Jamを目指していた時に竹田さんとお二人でいらしてて、偶然、朝食をご一緒させていただいたばかり.奥様とご一緒に実家に帰られていたついでに立ち寄られたとかで.

もうすでにRapha色より濃くなるちゅなどん色?ヤバい.すいません.たぶん呑み込んでるこの感じ.一歩間違うと宴会寸前.(笑)

P1110648
ということで、軌道修正.
ほんと似合います.ジョージさん.(つか、何着ても似合うんだけど、体格と姿勢が良いから似合う服の幅が広いのね)
ということで…
P1110654
お買い上げー♪

P1110653
お店の前はこんな感じでしたよ、っと.
またゆっくり来たいですね、と言っても、7月のおわりにはクローズしてしまうから、実現するかどうかは…謎ですが.

そして、国道2号線を挟んで向かいのシルベストサイクル梅田店へぞろそろと移動.
P1110657
いやいやいやいや.噂のシルベスト.どんなでしょう.と思ったら.なんか凄い品揃え.レディースのウェアなんてこれまで見たどのお店より充実.見たことないようなかわいいものとか、どぎつい(笑)ものとか…さすが関西、って感じのアイテムもあって、かなりときめくわたくし.
大阪の自転車女子うらやましいぞー.
レディースモデルの完成車もワイズくらいある.それもお店に入ってすぐの良い場所にずらり.何気にすごいよー.

ここでさらに一人増員(笑)フラミンゴ自転車部のジュンコちゃん登場!揃ったところで、軽く食べましょうか、ということで、この界隈いちばん詳しいと思われるジュンコちゃんの案内でお好み焼き屋さんへ行こうとしたところ…なんと道をロストw
立ち止まったところにあったワインバーのようなお店が、ガラっがら(笑)だったので、「めっちゃ忙しそうやけど8人いける?」となだれ込む.

して…
P1110659
『乾杯!』

なんだかよくわからないけれど、ずっとやいのやいの.
自転車歴まちまちの8人.マッ茶ンは自転車始めたとは言っても、一人でしか走ってないし、徳永さんはまだ大阪に来たばかりだし.みかりんとせっちゃんはクロスバイクでサイクリングを楽しむライトユーザーでぇ、フラミンゴはジョージさんの強い先導でレースやってたり…と楽しみ方バラバラの顔ぶれなんだけど、たった一つの共通点が、自転車、ってところが面白い.横浜で自転車を始めたちゅなどんの目線では、地元尼崎、大阪で、こうして自転車を通じて人が集い、飲む、ということも、とっても新鮮でうれしい!

大阪に来たばかりの徳永さんがあちらで自転車に乗る時に、フラミンゴと一緒に走る機会があればいいなぁ、とか、マッ茶ンが京都から尼崎くらいまで走れるようになったら、リカフェを目的地にしてくれたらいいなぁ、とか、やっぱり同じようにみんなで走る機会がある時にご一緒してくれるようになったら楽しいかなぁとか、みかりんやせっちゃんも同じ尼っ子ですから、ロードバイクには乗らないまでも、サイクリングイベントなどでご一緒できる機会ができたらいいなぁ、とか.

私自身が自転車を通じて、たくさんの出会いを頂戴して、今その渦中にいて日々を楽しんでいること、このことをシェアリングできたら良いなぁと思うこころもち、でありました.

P1110663
(ずいぶん前に?)新しくなった大阪駅.迷う、迷う、と聞いていて、興味があったんだけど、迷わなかったよ(笑)

そんな、バックトゥ ザ あまがさき.初日から自転車色濃いィ夜でした.

2012年4月15日 (日)

べつばらドーナツ最終日(大体90kmくらい)

当初の予定では青梅まで往復自走120km+青梅でトレランってことになってたんだけど夜半まで降り続いた雨で足下がぁぁぁ…と泣きを入れたちゅなどん.弱虫です.ハイ.

ということで、お情けをちょうだいして、今日は自転車のみ.
Img_0937
春の柔らかな陽射しに輝く帆船日本丸.いつ見ても美しい姿.
自転車で走る時、ときどきここで待ち合わせするようになってよく見るようになった.山手に住んでたときはあんまり興味なかったんだけど、最近、これがここにある、っていうのがすごくいいな、って思うようになったよ.

目的地が鎌倉、では私は近すぎるのでみなとみらいまでお迎えに上がり合流して、鎌倉はKOBAKABAという定食やさんの店先に出店している『べつばらドーナツ』へ.

このドーナツ屋さん、何がいいってそのネーミング.定食やの店先で、べつばら、とはこれいかに、とツボにハマった.
しっかりした生地で甘すぎず、好きな風合いのドーナツ.これだけでしばらく走れるくらいの重さがある.自転車で店先へ乗り付けて、ちゃりん、と小銭でひとつだけ買って走り去る、というドライブスルーな感じも気に入っていた.(もちろん自転車に跨がったままだ)

それが、突然のお知らせ、というツイートが流れたのは今週のアタマだったか.
次の日曜日でべつばらは最後です、って.

じゃあ最後のドーナツ買いにいくか、ってことになって行ったんだけどーーーー.なんとまさかの売り切れ!(どーん)

ということで、KOBAKABAでたまごかけごはん定食.その後、ブレドールで甘いものをつけたし.
Img_0938
はい.先々週だったっけ?青梅のトレランにお迎えに上がらせていただいたすずきさんと山崎さんです.ちゅなどん、弱くてスミマセン.だって初めてのトレランが泥んこはちょっとイヤだったんだもん…( ´・ω・`)

お二人はピストバイクでだいたいいつもお越しになるのですが、これはこれでロードの私が一緒に走ると苦しむシーンというのが必ずあってですね.
ギアが選べる分、ラクなはずなんだけど、やはりそこは一緒に走ってる、というところで、緩く長い上りでペースが落ちないケース、私だけギアを軽くするとそこで差が開いてしまうので、なるべく変速せず着いていこうとすると…心拍180(チーン).それなりにキツいのです.今、自分の身体が重いこともあるんだけどね.

やっぱりね、たまには誰かと走らないとね.一人だと無理しない性格だからわたし.

ということで、この重たい身体が憎たらしくなるくらいのゴールデンウィークを過ごす予定をぼちぼちと入れ始めました.そのシーンを真剣に想像すると、その一瞬は食欲減退するんだけどね.持続しないのが問題なのよ.

今日もこの自転車で1000kcal燃やしたはずだから、そんなに食べなきゃ普通に痩せるはずなんだけどね.
ラーメン食べてるようじゃ、ダメね.

2012年4月14日 (土)

たかさんがトーキョーに!

Img_0936
腰の治療でタカさんがトーキョーに来た!
品川で浜松へ帰ろうとするトコロを取っ捕まえて、乾杯!

餃子食べ放題?のコースでうだうだとキッチリ3時間+スタバのオプションで後ろ髪はひかれるばかり.もう、帰りたくない!顔をしたたかさん、次回の治療のときは戸塚にマエノリしてね!
---
チームちゅなどん、っていうのは、実際はチームとして機能してるわけではなく、こーゆー「緩やかな人のあつまりを総称する名称」として使うのが正しい使い方なのだな、と最近ぼんやりと思う.
みんなそれぞれ所属するチームがあって、そのチームで練習をして、レースにエントリーして走ってる.でも、遊ぶ時は何となくゆるやかーに集まって、飲んだり走ったり、飲んだりスキーしたり、飲んだりスノーシューしたり、する.この集まりはチームの枠はとっぱらい、だから、何となくまとまる名前が「ちゅなどん関係(ちゅなどん関連と呼ばれることもある)」ってなってるんだな.

たかさんとは冬の間、スキーで会ってたんだけど、かなしいかな、冬はもう終わり.なので、次回、浜松のトレラン合宿の約束をとりつけた.
私たちは自転車をきっかけにして知り合ったけど、他の遊びも楽しめるたいせつな仲間です.

2012年4月11日 (水)

白馬のご縁

元々、ポルシェで知り合ったいしやんとスキーをご一緒するようになって、彼がいつもベースにしている白馬へ行くようになった.それまでは長野でも圧倒的に志賀高原派、だったんだけれど.

白馬、八方尾根の大根館.いしやんは子供の頃からずっとここで冬を楽しんでいたらしい.だから現在の主のヒロミツさんとは子供の頃からのおつきあい.
そのご縁を私たちにも結んでいただいて、いしやんよりスキーの回数が多い私たちは年に数度はかならず大根館にお世話になるようになった.

宿自体はとっても古くて素人にはオススメできない(笑)んだけど、お風呂は掛け流しの天然温泉でとっても気持ちがいいし、仲間たちとわいわい過ごす広間は適当に散らかっててダラっと過ごすのに最適(笑)(←ほめてる)
バランスボールやストレッチポールも置いてあるしね!(ほらほらグッとこない?w)

何シーズン前だったか、ヤフオクで新しい板を買って、ビンディングを乗せ換えるのにスポーツ用品店をヒロミツさんに紹介してもらった.駅前のヤマトヤさん.確かヒロミツさんの同級生のお店って言ってたような気がする.作業の工程でちょっとしたトラブルがあったこともあったんだけど、結局高いグレードのビンディングを安くで出していただいて、却って悪かったなぁというかラッキーだったというか…

そして、先日のスノーシューで、またこのヤマトヤさんにお世話になることになった.どらちゃんのレンタルスノーシューの手配を白馬へ着いてからやろうと思っていたら、到着が思いの外遅くなり、ヒロミツさんにあちこち当たってもらったんだけど結局やってるレンタル店が見つからなかった.仕方ない、これは買うか.と一番近いヤマトヤさんへ行き、スノーシューの棚を見上げる.

 …た、高い…(1万円〜)

という顔をしているどらちゃんを見ると、何となく気が進まないような感じになってる.これはマズイ.また不機嫌のごきげんとりから始めなくてはいけなくなるのはイヤなので、さっさとひと肌脱ぐことにした.

「すみません.スノーシューのレンタルできるところ、ご存じないですか」

ってスポーツ用品店で売ってるスノーシュー目の前にして普通言わないだろう厚かましさ.
かくかくしかじか…と事情を説明すると、お店のお姉さんが『ちょっと待ってて』と電話をかけまくってくれた.それも何軒も.

そして貸してもらえる所を見つけてくださったのである.

翌朝、私たちは栂池のゴンドラ駐車場へ早朝7時に集合になってたんだけど、そこへ届けてくださるって.

もう、なんとありがたいこと.

でも、これではまったく儲けにならないヤマトヤさんに申し訳ないので、スノーシューの帰りにお礼に立ち寄ることにした.
実はお姉さんが電話を掛けまくってくれてる間に、私はたくさんあるトレランシューズのコーナーでいくつか試し履きをしていた.トレイルランニングの靴、欲しいなぁ、と思っていたけれど、神田ではそこまでたくさんの種類を見ることはできなかったし、またそのうちに、と先送りにしていた.
どこで買うにしてもいずれ買うんだろうし、ということで、お礼?にサロモンのトレランシューズを買って帰ることにした.

また新しいことを始めるのか…(呆)

お買い物のあとはアキラが「nupuriさんのお友達がこの近くで喫茶店やってるらしいから行こうよ」と.美味しいコーヒーだいすきなのでホイホイと.
P1110615
まだ真新しい感じのする建物.せんじゅ、というお名前の喫茶店です.
P1110620
店主のお兄さんにnupuriさんのお名前を出すと、すごい喜んでくれた.当の本人はまだここへ来たことがないらしい.『白馬とおい・・・』ですって(笑)

今はtwitterやFBがあるから遠くに住んでいてもアップデートはお互い見ることができるし、そんなに離れている感じがしないことも多いんだけど、こうして人を通じたご縁が増えて行くのはやっぱり実際に足を運んでお顔を見て、ということが大切ねぇ、と思うわけです.

大好きなグァテマラ.美味しくいれていただいて、するすると身体に染み渡る.コーヒーって刺激物だから飲んでもあまりしみ込んでいく感じ、はしないんだけどね.こちらのコーヒーは馴染みがよい.石釜で焼いたというチーズケーキもとっても美味しかったです.

また白馬で立ち寄りたいお店がひとつ増えました.アキラ、nupuriさん、ありがとう.
今年こそ、自転車で白馬に行きたいなー.毎年言ってるのに、まだ実現できてないや.

2012年4月10日 (火)

海軍道路その後

P1110623
私が昨日行った時はまだあと一息、って感じだったけど、今朝はきっと最高だっただろうなぁ.

2012年4月 9日 (月)

一粒三倍日

そもそもは、五指山で麻婆豆腐ごちそうになりに神田まで出かけるだけの予定だったんだよ.それがねー…

日曜日、修善寺であったチャレンジレースで1、2フィニッシュの予定が2、3フィニッシュになった反省会をやるからおいで、って新橋に16時集合で『乾杯!』第一ラウンドスタート!
P1110629
マスケンさん、てっちゃんのオヤジーズ二人が揃うのは久しぶり.うれしいよー♡
やっぱホッとするなぁ.おとーさんたち(笑)でも、この後の私の用事を勝手に「婚活」って言うのはやめなさいテツヲっ!(*`ε´*)ノ

18時に新橋を離脱して神田へ.第二ラウンド.本日のメインディッシュ.五指山.
Img_0927
鈴木さんがちゅなどんに内緒で呼んだゲストは辰巳出版のヨコちん(ってこの場で命名されてたw)とコイズミちゃんの編集女子.略してヘンジョ(変じゃないよ!).ヨコちんは先日ここで紹介したミニベロの本の編集を担当していた方で、これまで2度の撮影もご一緒させていただいた.
飲むのは初めてだったから、びっくり.で嬉しかったなー.鈴木さんならではのアレンジにちゅなどん感激!まさかそう来るとは思わなかったぜ.(あ、偉そうにすいません)
さて、よこちんとコイズミちゃんはロードバイクも始めることになるのか?楽しみにしてますよ!

神田離脱、のち、芝公園.この日最後の第三ラウンド.
P1110636
ここでテツヲふたたび.この人、どこ行っても大人気!オトコにモテるねぇ(笑)
ベタな芝公園の桜の木の下でブルーシートのFitte主催お花見宴会.私が到着するころにはすっかりみんなデキあがってました.
嘉手納ロケッツ+Fitteの赤石さん、Fitte加藤さん&おがわまこと.

P1110637
誰も見てなかったけど(笑)満開の夜桜.やっぱり東京の方が桜、早いよ.

P1110638
なんと!沖縄チームキッズ+Fitteのりっちゃんとも再会!うれしいー♪
この間はユキコさんにも遭えたし.最近、ちゅなどんはキッズづいてるね!

P1110641
アキラ…その顔は日焼けかい?w
さすがに3軒?目ともなれば、私もデキあがろうもの.つか、普段飲まないくせに飲み過ぎ.帰りが辛かったよ.(ヒールで足が痛かっただけだけど)

16時から22時まで3軒ハシゴのち、戸塚までちゃんと一人で帰りました.えらいおれ.
いろんな人に遭えて、楽しい一日だったよ.感謝.

2012年4月 8日 (日)

スキーだけが雪山じゃないよ

『スノーシューやろうよ!雪山お散歩してチーズフォンデュしたい!』

もちろんきっかけはスキー.2月、かぐらへスキーに行った時、あまりに吹雪いていて送電線トラブルのためゴンドラ動かず.ドラゴンドラも全滅、苗場もゴンドラが止まり…スキーどころじゃないね、でもせっかく来たから何もせずに帰るわけには…と苦肉の策で提案したスノーシュー.あの時は水上高原スキー場でレンタルスノーシュー1500円で1周90分と書かれたコースを2周(笑)した.どらちゃん、アキラ、かおりんは初めてのスノーシューに大喜び.前夜から60cm積もったという新雪をラッセルしたり、急な下りを転がり落ちてみたり.
スキーができなくて消化不良になるどころか、みんなニッコニコ.口を揃えて「スノーシューたのしい!」

P1110507スノーシュー.日本では『かんじき』と言います.積もった雪の上を靴で歩くとズボズボと雪に埋まるのね.だけど、これを靴の上から嵌めてやると、あらまぁ、なんと!自由に雪の上を歩くことができる.素晴らしいアイテムなのです.

私は一昨年、いしやんのご縁で白馬(栂池)でスノーシューを体験していて、その楽しさは知ってた.まさかそれがこんな形で活きるときが来るとは思わなかったけれど.

ポルシェがきっかけで知り合ったねずたまくん、今や立派な山登ラー.(自転車も乗るけどね)
すっかり山にはまっている様子はツイートで知ってたし、私もねずたまくんが行くような山遊びの中でライトなものに連れてってほしいと常々思っていたから、これはいい機会だわ、とお誘いして、さらにねずたまくんの山トモというか、こちらもポルシェで知り合っていたぴよぴよさんもご一緒してくださることになった.この二人はハードコア山登ラー.
P1110506
四日市から白馬に来るなら名古屋だって通り道じゃんね、ということで、こちらも別の意味で山オンナ(≠山ガール).自転車で山のぼらせたら赤いビームが出るあゆか.登山の経験も少なからずある上に、つい先日も別のお友達となかなかハードなスノートレッキングに出かけてた.もちろん、二つ返事で参加ヽ(´▽`)/

そして、日程をfixした途端にスノーシュー買っちゃった(笑)アキラ夫妻.もちろん、妻かおりんのも.水上で一緒にスノーシューした後、手に入れたスノーシューのシェイクダウンに八ヶ岳へ行ったらしい.そ、、、そんなにハマったのか?w

どらちゃんは最後までスキーやりたい、って.スノーシューも行くけど俺はナイターでスキーも滑る.メインはスキーだ!と言って憚らなかった.けど、春の白馬.ナイター営業はすでに終了(笑)ということで、全員、めでたくスノーシューに心をひとつにすることができた.

P1110509
栂池のゴンドラリフト+さらにその上へ行くロープウェイの往復乗車券.チケットブースには長蛇の列ができていたけれど、そこはさすがねずたまくん.そんな山事情を良く知ってのことか、さっさと並んで前の方でチケットゲット.往復3000円で、購入には入山者カードの記入が必要です.氏名、住所、電話番号…くらいだったかな?

この日は山岳スキー大会というのをやっていて、なんと偶然これに参加していたあゆかの友人たちに遭う.
P1110508
バックカントリースキーに大会があることすら知らなかったゲレンデスキーヤーのちゅなどん.なんとこの大会、「周回コース」だとか.山の周回コースってことは、下るだけではなく登りもある.スキー板にシールを貼って、板履いたまま、斜面をハイクアップするのも競技ののうち.スタート地点で全員、ビーコンのスイッチを入れるそうだから…なんともまぁ、ヘンタイな世界である.さすが、あゆかのトモダチ.類は友を…ゲフンゲフン.

私たちはスノーシューで、バックカントリーフィールドへいざ!
P1110527
っていきなり壁(笑)
のっけから、かなりキツい.でも、新雪を一歩目で踏み固めて、さらに同じ足で二歩目で上る、というコツでクリア.登頂成功したちゅなどんに、どらちゃん以下、みんなも続く.がんばー!

P1110529
ロープウェイ降りてからまだ1kmも歩いてないのに、ほら、もうこんなに楽しい!

P1110533
文句なしの快晴.少し歩くと汗ばんでくる春の陽気.だけど吐く息は白い、不思議な感じ.
雪は水曜日から三日間ずっと降っていた新雪の深雪.ふっかふかのモキュモキュ.良い雪すぎる.しあわせだー.

転がるのに良い斜面を見つけた!
P1110548
荷物を降ろし、身軽になって登り始める男子たち.ねずたまくんもぴよさんもカメラを持って登って行った.女子は見学.体力無駄に使わない(笑)
それにしても、いい青空.最高の天気である.

P1110565
がゆえの…フル装備(笑)かおさま、さすがです.もはや身内しか判別できない.
私も顔を覆うためのハンカチを装備していたけれど、面倒なのと暑いのと、吹く風があまりに気持ちよかったので、早々に挫折.日焼け止めを塗り直す作戦に切り替えた.
でもほんとはこれくらいやんなきゃダメ.ぜったい.かおりんが正しいよ.女子として.

P1110568
時々立ち止まって補給タイム.水を飲み、おやつをつまむ.

P1110571
途中、気まぐれに道を逸れ、ひとり我が道を行ってみた.長い上り.一歩一歩雪を踏み固めながら進む.心拍は155bpmくらい(体感値).振り返って、自分の歩いた道が自分だけのものであることにものすごい満足する.きっとこれは生き方にも通じてると思うんだ.ちょっとカッコ良すぎるかもしんないけど.

P1110585
距離にしてたったの2.5kmだったんだけど、約2時間ほどかけて栂池自然園の奥地へ到着.開けた場所をみんなで踏み固めて場所を確保してご飯の準備〜♪
P1110589
チーズフォンデュ!と言い出しっぺだった私に代わってすべてアレンジを引き受けてくれたアキラとかおりん.ありがとう!そしてすいません!ちゅなどん、半ドンで直前まで仕事してたせいでまったく何も仕込めませんでした.陳謝&感謝.

P1110591
山のビストロねずたまくん.絶賛調理中〜.
小さなフライパンでパスタを茹でたり、ハムステーキを焼いてくれたり.えーっ?!そんなに食材担ぎ上げてくれてたの?!ってんでびっくり.おかげさまでお腹いっぱい食べた.とっても美味しかったんだよね.
あゆかは56パンとあゆかベーグル、疲れたカラダに嬉しいピクルスやとりはむを.あぁ、もうどれも本当に美味しくて、感激.

人工物がまったく視界に入らない、大きく明るく開けた世界の中に私たちだけが、いる.美味しい空気と持ち寄ったごちそう、笑ってながれていく時間.

そんな非日常の美しく贅沢な世界にいることを許されていることに感謝せずにいられない.
P1110588
『乾杯!』

P1110592
最高です.

下山のロープウェイの最終が15時半ごろだったのかな.それでも十分食事もワインも食後のコーヒーまで楽しんで、片付けして帰路につく.

P1110599_2
お腹いっぱい、ほろ酔いハイテンション!なバレリーナふたり.
さぁ、元気に帰りましょう.

P1110600
みんなに食べ物を振る舞って、背中の荷物が軽くなったねずたまくんとぴよぴよさん.足取り軽い軽い(笑)本当にありがとうございました.

P1110607
「いい下り斜面」を見つけて下り勝負するどらちゃんとあゆか.
下り番長のどらちゃんがまさかの勝利(笑)よかったね.あゆかに勝てるなんて滅多にないことだよ!

P1110606
いつもスキーで後半調子のあがるかおりん.スノーシューも例に漏れず.後半に入って俄然元気が良い(笑)

P1110609
7人が7人とも『我が道』を選んだ.
人の踏んだ道をトレースすればラクなのはわかってる、けど、それを選ばない私たち.我が道を行くことが楽しい、そんな仲間たちなのだ.これはきっとそういうことだ.
ほら、みんなの道がとっても楽しそうに見える.

P1110611
とは言え、雪庇の上ではしずしずと…ちゅなどんも無駄に声を響かせず…(いやいや私の声くらいで雪崩れるはずないじゃんw)

視界にロープウェイの近くにあった小屋が見えた.

あぁ、もう終わっちゃうのか…勿体なくて足が動かなくなる.まだもう少し、あと少しだけ、ここに居ることを許されていたい.
471856_283574755055774_100002097560

大人になって、できることが少しずつ増えていくような人生を送っていることをとても嬉しく思う.
大人になって、こうして一緒に遊べるオトナのトモダチがいることをとても嬉しく思う.
528086_283576195055630_100002097560

うちらはこれからも笑って生きていくよ.
473350_283557388390844_1000020975_2

全ての出会いと巡りあわせに感謝.

2012年4月 5日 (木)

風が強くて畑へ行けません

今日こそ、畑仕事を!と思っていたのに.早起きしてのジョグも3周にして体力温存して…なのに…
とっても良いお天気だけど、お昼前からものすごい強風になっちゃった.
晴れて天気のよい日に風が強いと、乾いた土ぼこりが巻き上がっちゃって、なんとも大変なのですよ.畑って.なので、泣く泣く諦めました.…それでも何かしら農作業にまつわることをしたくて、園芸店へ種を買いに行った.

自転車乗り的に野菜を結びつけるならば、唯一思い浮かぶのは茄子.
スタジオジブリのアニメ映画【茄子アンダルシアの夏】に出てくるアレだと思う.というか、わたしはそれしか知らない.

そうだ.去年、来年はアレ作ろう、って思ってたんだ.って突然思い出して、小茄子を手に入れなければ!と農協へ急いだ.もちろん、そんな時のアシはミニベロだ.走れアロンズ.(超重くて遅いけど)
もちろん、私が欲していたのは小茄子そのものではなくて、種なのですが、一般的な品種はほぼ網羅している農協の種売り場.小茄子はマイナー品種なのかひとつも見当たらない.
ならば、種の取り扱い数ならばこの辺りで一番あるんじゃないか、という品揃えのグリーンファームまで足を伸ばすことにした.(ちょうど追い風だったしね♪)

ちなみに『小茄子のアレ』というのは、映画の劇中で出てくるなんとも美味しそうな茄子のお漬け物のこと.夏の暑い時に、ワインと一緒にペロリ、と食べる様子がなんともなんとも…食指をそそる描かれようで.
スペインのタパスの一種みたいな感じ?オイル漬けだけど、味付けにはお酢を使うからマリネみたいな感じかな?
まぁ、そんなようなものです.(食べたことないからイメージだけねw)

Img_0904
あった!でわこなす.種まきの時期は2〜6月とあるから、まだ間に合いそう!育苗器で促成栽培やってみるか!と迷わずゲット.やっぱり人気があるみたいで、他の茄子の種に比べて、在庫が少なかった.みんな考えることは同じね.大きい茄子なら苗も安いもの.わざわざ手をかけて種から育てる必要もない.

あとは3年前に育てたっきりだった丸さやのオクラ.夏はネバネバの野菜が欲しくなる.アオイ科のオクラは花もとっても奇麗.朝にしか咲かないから、早起きさんしか見られませんが.こちらは発芽温度が平均25℃以上、と高い目なのでじゃがいもの後に直播きでやるつもり.

帰ってきて早速…
Img_0905
播種.真ん中の小さいマスはコスレタス.右側がでわこなす.左側が以前、ピートモスに播種したものの、発芽しないまま、モスがカビてしまって諦めたハラペーニョ.
ピートモス、便利なんだろうけど、私とは相性が悪い.前もタマネギの種撒いて失敗した.ちょっと面倒だけど、土に播くのがいいのかしらね.

この育苗器は以前、お友達のご両親から譲り受けたもの.
毎年、ありがたく使わせていただいている.

早く芽が出ないかな.

2012年4月 3日 (火)

髪、切った

昨年12月から切ってなかった髪.

私はたぶん短い髪のほうが似合う.でも、つい…大体いつもヘルメット被ってるんだから髪の長さなんて気にならない.(開き直りの言い訳)
しかし先日たみさんに、いつもの目が笑ってないあの調子で『ちゅなどんは、そろそろ髪を切った方がいいね』と言われた.

う…(返す言葉がない)

たった一言だったけど、いろいろ反省した.

男の子のお友達から指摘されるまで女の命(いや、そんな風には思ってないw)である髪をほったらかしにしてた自分への愛の欠如とか.大体、この歳になって、いつまでも中身で勝負よ、と言っていられるわけでもあるまいし.そもそも、勝負できる中身なんてあったっけ?て今気づいて軽くショックだし…でもって元々見た目を気にしないで生きてきたからこそ、今、「こんな」なわけなんだけど.

(私が着物着たり、洋服や見た目に気を使ってる時っていうのはよっぽど余裕があるときに限られている→大抵、基本的にどうでもいいと思ってる)

反省だけなら猿でもできる.ありがたい友人の助言を我が身に活かしていかねば.(おおげさ)
じゃぁ、ま、ちょうどご飯の会もあることだし、都会に出るついでに切るか.と踏ん切りがついた.
ずっと長くお世話になってる西原さんは美容学校の先生や、美容関係のNPOを立ち上げたり、などのお役で忙しく、週に一度しかお店に出ていない.美容院ジプシー、再び、である.

代々木から新宿を歩いていて、たまたま電話をくれたダンちゃんと話しながら『今から1時間くらいで髪切りたいねんけど、どっかない?』と無茶振り(笑)
どこから電話くれてたのか知らないけど、ヒトの良いダンちゃんは目の前にあったのであろう『魔法の箱』で調べてくれて、遠隔コントロールしてくれる.

「その交差点の左前のビルの5Fにあるよ」ってな感じで.

だけど、美容院って雰囲気だいじ.キター!なトコが新宿で見つかるとは思ってなかったけど、いかにもダメっぽい(私と合わない)ぽいとこは避けたい.とわがままを重ねること7軒くらい?次から次へとお店を探して教えてくれたダンちゃん、いい人.
そして、珍しくヒールを履いていたのにがしがし歩くことたぶん5kmくらい.わたしもよくやる.

結局、無難そうなお店が見つかり、飛び込みでカット成功(笑)

髪ひとつ切るのに、大騒ぎだったな…はよ次の行きつけみつけよ.
そう言えば、髪切れる自転車乗りっておらんのかな?

2012年4月 2日 (月)

見本誌キタキタ♪

3月の上旬に試乗して、インプレ(ってほどのことじゃないですが、感想文?)的なものを書かせていただいた本が発売になりましたー♪

Img_0895

辰巳出版から出ています.
【折りたたみ自転車&スモールバイクカタログ2012】という本です.
昨年末に続いて、ちーこいちゅなどんが誌面のあちこちにちりばめられております.
Img_0897

アマゾンのリンクでも貼っておきましょうかね.(ステマ?)
http://www.amazon.co.jp/dp/4777810070

ミニベロってロードバイクほどサイズ展開がないので、この『身長別試乗インプレ』ってほんと大事だな、って思うんだよねぇ.乗ると分かるんだけど、私みたいなチビっこは「どうやっても無理じゃん」てのがあるし、パーツのサイズでポジション出せば乗れるけど…みたいな条件付きになるのもあるし…

みんながみんな乗り比べして買うことができるわけではないからね、って視点でがんばって書きました.もし日常のアシに小径車ほしいなー、って方は、お店行く前に読んでみてね!(ステマ?)

2012年4月 1日 (日)

青梅トレランお迎えライド 155km

午前8時出発.肌寒い!前日、一日中荒れたお天気だったのが一転して明るい朝だったけれど、雨のあと冷たい空気に入れ替わって気温はまたすっかり冬に戻ったよう.
先週沖縄で一旦夏ウェアを着てしまったあととあっては、ここでまた冬ウェアを着るのもなんだかなぁ…な感じだったけれど、冬アンダー&冬タイツ+夏ジャージにウィンドブレーカーのセットで.それでも身体が暖まるまでは口の中で寒い寒い…とつぶやきながら走る.

だけど、この冬〜春の時期、週末の雨が多くて、こんなに天気がよい週末も久しぶりな感じ.ほんと、それだけで嬉しい気持ちになる.なれる!しあわせだー!

P1090583
うちから20km弱の桜の名所.瀬谷の海軍道路.まだ一輪も咲いていないんだけど、昨日の嵐を思うと難を逃れてくれたとしか思えない.枝先はうっすらピンクになってるし、今週気温が上がれば一気にここが薄いピンクの空になるんだろうなー.あー楽しみ!
距離にして約2km.桜街道の通り抜けは自転車ならそこそこ『桜まみれ』になれます.

ここは絶対、自転車がオススメ.なぜなら自転車は桜の木と木の内側を走れるから.わかるかなぁ、この違い.例えば神社の鳥居は外側通んないでしょ?(細かいローカルルールは知りませんが)囲いの内側を通るようになってる.ここも感覚的にはそんな感じ.桜と桜の内側を通るには車か自転車しか無理なんだから、ここはやはりオープンカーか自転車が圧倒的に楽しむのに有利.でも…オープンカーで2kmの距離は短すぎる.そして、何度も往復するのは面倒で、一瞬で通り過ぎて終わりになりがち.(車で何度も往復するのもアホっぽいけど)

ということで、ぜひ、ここは自転車でおでかけください(笑)
同じ雰囲気で歩きたい人には鎌倉の段葛をお勧めしておきます.桜と桜の間を歩ける鶴岡八幡宮の参道だよ.ものすごい人出だけどね!

ちなみに、来週土曜日(7日)が瀬谷の米軍基地の桜祭り.基地の中に入れる貴重な機会はたくさんの人でにぎわいます.そしてこの道、すっごい渋滞になります.私は毎年、スキーでこの週末不在にしていてまだ一度もお祭りに行ったことがないのね.基地が返還されちゃう前に一回くらいは行ってみたいものだわ.来年に期待かな.

と、海軍道路でこんなに文字数書いてこの先どうするんだ…ってとこですが、大丈夫.この先、写真も減ってあんまり書くことないから(笑)

青梅に昼頃着けば良い、という時間シバリに対して、午前8時発というのは、知らない場所に行く不安と、分かっている範囲での道中の道路事情を考えて決めた時間.
大まかに、青梅って場所は国道16号で八王子方面に行けば良い、という理解なんだけど、大都会w八王子の週末.午前10時に国道16号沿いの店舗が開店し始めると途端に交通量が増えて、駐車場へ出入りする車が多くなる.=自転車だと危ない目にあう確率が上がる.ので、10時ごろには八王子を抜けたい.という根拠.早く着く分には知らない街をぶらぶら探検していればいくらでも時間は調整できる.むしろ、その方が楽しい.

ということで、ガラガラの国道16号を追い風に乗ってぐいぐい走る.
八王子バイパス入り口の手前で旧道に入るんだけど、ここから上り区間.
P1090584
ダラダラ長い上りをやっつけた先.御殿峠.ここは知ってた.国道16号って基本つるっぺたなんだけど、昨年OSMで東京→大宮→川越→八王子→横浜でぐるっと16号で200kmっていうのやった時に唯一上ってたところ.そーゆーのは絶対、忘れない(笑)
でもここがピークのはずだから、とすっかり気が楽になる.

P1090588
やっと見つけた!咲いてる桜.大きな木のたったひと枝だけだったけど.わーい!桜だ桜〜♪と私が写真を撮っていたら、通りすがりの人が「ほぉ、咲いたな.写真撮っていこうか」と続々と脚をとめる.
P1090587
みんな待ってるんだね.サクラサク.
私も桜とともにワクワクが沸き立つ『あの感じ』が楽しみになってきたよ.

国道16号から奥多摩街道の旧道を行く.多摩川の用水路沿いの道.流れる水がとても奇麗でびっくり.ここ、東京だよね?って.玉川上水ではまだまったく咲いてなかったけど、桜祭りの準備でにぎわっていた.たぶん、ここも来週が本番だね.

青梅キタ!
P1090590

ちょっと昭和レトロな映画看板があったり、とか街灯にあしらってあるレリーフが凝ってあったりとか…川越ほど大きくはないけれど、ちょっと似たような小さな商店街を通り抜けて行った先に…

P1090591
しょーもない…んだけど、グッっときた(笑)ひとりで走っていると、笑いのしきい値が下がる.ちょっとしたことが可笑しかったり.
そして、ここで、目的地を通り過ぎてしまったことに気づく…だよねぇ.さっき見た駅の名前、違ったもんねぇ…

もしかして…こっちだったらイヤだな…と思った曲がり角.角曲がってすぐ上ってた…どうやらあそこを行かねばならないらしい…

意を決して(おおげさ)引き返し、上る.さっきから、成木街道とか見るけど、あれって、東京ヒルクライムの成木ステージの成木か?と小さく脳裏をよぎるけれど、上ってる最中なので考えない考えない…あ、この先1.5kmでパン屋あるんだ…♡(←よし行こうとやる気になるw)

一山越えて、案内の看板に『本日のパンは完売しました』と貼ってあるのも気にせずに(昨日貼ったのをはがし忘れてるんだろうという時間だったからね)、どう見てもパン屋さんなんてなさそうな集落の奥へ奥へと入って行くと…

P1090592
あった.ここだ.
思ってたよりちゃんとした、というか、立派なお店だったよ.カフェつき.

P1090593
そして驚愕の事実.
本当にパンは売り切れだった…orz

お店の女の子に『何時にパン売り切れたの?』って聞いたら『11時半くらいでしたかねー』って、お店のオープンは11時だって言うから…なんという(ちなみに私がここに着いたのは11時40分…)

カフェもウェイティングリストにずらっとお名前が書いてありまして…むむぅ.週末ここへ来るのは難しいかな.でも、一回ここでお茶というか、ランチしてみたいなー.スプレッド数種+パンとドリンク、とか、サラダとスープとパン、とか、お肉料理とパン、みたいなランチのセットが数種用意されてるみたいだったよ.どれも美味しそうだった.
誰か、平日付き合ってくれる人いたらご一緒しませんか?迷わず行って帰るだけなら120kmくらいで済むはず(笑)

そして何となく道に迷ったまんまの気分が抜けない(雰囲気的にこっち、という確証が持てない)わたしは、お店の子に『風の子なんたら広場(名前すらちゃんと覚えていないw)、に行きたいんだけど、こっちで合ってる?』って尋ねてみた.彼女は道を聞かれるのはお仕事の一環らしく、Googleマップをプリントアウトした紙を2枚持ってきてとっても丁寧に説明してくれた.
『この道まっすぐ行くと、ショートカットになります.ちょっと上ってますけどこの先は下り坂で…』って自転車をわかってるじゃないか!と嬉しくなる(笑)

教わった通り、お店のある通りから街道を横切ってショートカットコースを…っとーーーーー激坂やないかーーー∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
時すでに遅し.実は道に迷っていたせいで、予定時刻が近づいている.上りを回避して遠回りしてるほどの余裕はなさそうだ.体重でペダルをおろすしかないような和田峠並みの激坂(300mに感じる150mくらいw)をやっつけて一気に下りで生き返る.ピークで振り返って写真撮ればヨカッタと今すこし後悔しているくらいすごい坂だった.

指定された『風の子太陽の子広場』というのはどうやら森林公園の中にある広場のことらしい.ここがトレランの大会のスタートゴールなのだろう.鉄道公園、とか永山公園、とかいろいろな公園が合わさってる山らしいんだけど、実はここからが苦戦した.
なんと、公園の中にある広場へのアクセス路はハイキングコースになっていて、自転車NG.ハイキングコースだけあって、舗装もない.
自転車を降りて、押し歩く.クリート削れる…ぅ… そして、やっとこ見つけた看板.

P1090596
あー.よかった.こっちかぁ…って…

P1090597
おぃぃっ!( Д) ゚ ゚マジかこれ!
先が見えないほど下ってるんですケドぉ…いやしかし、しょうがない.ここまで来たんだから、行くか.と自転車を肩に担ぎ、階段を下る.クリートでこの階段こわいよー.こわいよー.
いったい何のトレーニングだよこれー.

半分ほど下ったら、ようやく人の気配、というかイベントの匂いが感じられた.
途中、『アンカーですか.良い自転車乗ってますね』と話しかけてくれたおじさんがいた.奥様がエントリーされているから、荷物持ちで待ってるんだ、と.そろそろゴールする人がいるだろうから見に戻ってきたんだ、と.

あ、じゃあちょうど良い時間に着いたのかな.実はスタートの時間とかもあんまり気にしてなくて、『12時半には走り終えてるはずだよ』って言われてたから漠然と12時くらに着けばいいかな、と思ってたんだけど.

P1090599
話しかけてくれたおじさんと立ち話しながらゴールしてくる選手たちを拍手で迎えたりなんかしてみる.実はランの大会なんて初めて見に来たもので、お作法がわからないから、声援もちょっと遠慮気味に…この場で自転車持って立ってるだけでも相当目立つもんで(笑)

すると『ちゅなどん!』と呼ぶ声!あーーーすずきさんだ!おつかれさま.おかえりなさーい♪
P1090600
爆発しそうなほど顔真っ赤でしたけど、元気にゴールされました.あーよかった.間に合って.脛にちょっと擦過傷があったけど、「剃っててヨカッタ」自転車乗りです.洗ってケアおわり(笑)

で、一緒にご参加の山崎さんをひとしきり待ちますがなかなか姿が見えなくて、どうしたかなぁと.いい加減心配になってきたりしたのですが…なんとハンガーノックで…ふらふらとゴール…ひえぇ.トレランおそろし.でも無事でよかったー.

お二人とも、トレランの大会に出るのにここまで約50km自転車で自走して来てる、って時点でちょっとおかしいんだよね.だけど、揃って『自転車できたのはちょっと失敗だった』って(笑)そりゃそうね.終わってビールも飲めないし.

そして、またあの階段を自転車担いで今度は上り(笑)、下山.私も考えが甘かったんだけど、トレラン(トレイルラン)=山の中を走る、んだから、当然ある程度スタートゴールも山なんだよね.自転車で最後まで行ききることしか考えてなかった.こりゃこりゃ参りました.ハイ.

適当に見つけてくださった中華屋でタンメン食べて生き返る.はぅー.(でもビールはないw)
帰りは多摩川サイクリングロードで.まぁ知ってはいたけど、狭い道に散歩の人、犬、子供、車いす、桜祭り、野球少年、自転車…とものすごいバリエーション.+強い向かい風.

「ちゅなどん前牽けー」って言われて一回は前に出たんだけど、土手の下を走っていたかと思うと、ヘアピンカーブで上らせて土手の上へ上がらされたり、のポイントが分かりづらくて、オーバーランしたり、で役立たずだったので、あとは終始ツキイチで(すいません).
ハンガーノックだった山崎さんがちょっと心配だったんだけど、鈴木さんが超元気でハイでこちらはこちらで…いや、おかしいでしょう.というか、ランの人ってそーゆーもんなのか?
私は自転車には乗ってるけど、元々それほど運動する人じゃないので、その感覚はよくわからない.

やっぱり一回くらいはランの大会も出てみよう.と思った(笑).つか、トレランやっぱり楽しそうなので、ちょっとやってみたい.

風よけがいなくなるとキツそうだったので、とりあえず、お二人について東京経由で帰宅.
横浜に入ると日が暮れたけど、優しい春の夜風が気持ちよく、いい気分のまま終了.
簡単だけど晩ご飯も作って食べたおれえらい.

最後は猫のゴロゴロ攻撃で撃沈.寝酒いらず.
とても良い一日でした.

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログ村