« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

アンチョビ第一ロット 仕上げ

昨日のこと.
朝から自転車に乗って、帰ってきたら、そろそろ地主さんが堆肥を積んでくれているはずの畑に行きたい…と思っていたのだけれど.
天気のよい日ではありましたが、風があまりに強く…うちの向かいの通信隊から巻上る砂煙…これは無駄に家をでない方が良いだろう.ということで、インドアレジャーにスイッチ.

今、家でできる『遊び』はアンチョビとトートバッグ.トートバッグはミシンを貸し出し中だったので、消去法でアンチョビに決定.

2月に塩漬けしたカタクチイワシ.昨年、漬けすぎて全てが液状化(埋め立て地のアレではありません)してしまった『アンチョビソース』を足した【促成熟成仕様】(そんなんアリなんか?という実験ですw)がそろそろ美味しくなってきた.
Img_0854
ということで、今回は全部溶かさないように、少し早めではありますが、第一弾の仕上げ作業に入ります.
上の写真は漬けてある液から上げたばかりのイワシの切り身.大きさはまちまちです.種類も、カタクチイワシが大半だけど中にはマイワシも混ざっています.見分け方は体表の斑点.あと、マイワシのほうが身が厚くてちょっと大きい.

もちろん、このままアンチョビとして使えるのですが、日本で売ってるアンチョビは皮を外した『ロイヤルアンチョビ』ばかり.ここはやはり、最後まで奇麗に仕上げてみようではないか、ということで、地道な作業にとりかかる.
これは、あくまで趣味なので『手間はかければ、かけるほど良い』という価値観に基づいています."趣味に限っては"(←ここ大事)面倒なのが、好き、ということね(笑)

魚の生臭さは皮の部分に多く感じられる、ということを聞いたこともあるので、皮を取ることでさらに美味しくなるのなら、万々歳♪でもあるわけです.

Img_0855
さて.塩漬けしたイワシの皮をどうやってとるか.
以前はナイフを使って表面を削るようにしてみたり、スプーンでこそげてみたり.試行錯誤したのですが、結局今はキッチンペーパーで拭き取ってます.ゴミがたくさん出るのが難点ですが、イワシの身が千切れてぐずぐずになったりすることは圧倒的に減りました.良品率95%(感覚値w)

皮を取ったイワシはこの後、保存用にオイルに漬けるのですが、水分が多く残っていると分離の原因になる.その意味でも、キッチンペーパーで皮と一緒に水分を拭き取るのはいい手法だと思う.もし、他に良い方法をご存知の方がいらっしゃればぜひご一報くださいませ.

Img_0857
煮沸消毒した瓶にオリーブオイルとヒマワリオイル(全量オリーブオイルにすると冷蔵庫に入れたとき、固まってしまうからね)を半々で注ぎ、アンチョビを詰めます.外側から丸く、ぐーるぐるーっと.こんな感じで.ほら、ここまでくると、すっかり『それっぽい』でしょう〜♪うちで使ってる瓶だと2段入るのね.一応、この詰め方にも理由があって、縦長の瓶だと使って行くうちにオイルが減ってきてアンチョビがオイルに浸かった状態を保てなくなるの.

あんまりちゃんと数えたことないけど、90ccの小瓶に大体30枚くらい入るのかな.大きさにもよるんだけど、ざっと15匹ですよ.15匹.ってことは、1kgのイワシで大体90匹くらいってことだから…えぇぇーーーーっ(lll゚Д゚) 1kg捌いて小瓶6個分ってこと???なんと言う労力パフォーマンスの悪い食材なの…これを商売にはできないわねぇ.ひと瓶1000円くらいもらわなきゃ割に合わないわ(笑)

と、驚愕の計算(が、合ってるかどうか知らないけどw)が成り立つのですが、そこは趣味なので、計算結果については冷ややかに受け止めてスルーしましょう.

作業開始から3時間ほどかけて、出来上がったのはこちら.
Img_0858
小瓶3本分+αのアンチョビ.瓶詰めしたのは贈答(w)用.
余った分はもちろん、自家消費.

Img_0859
千切れたのは左端の分だけ.優秀、優秀♪
味も良いです.材料は塩とイワシだけなので、失敗しようがないんですけれど.

この後、これで満足せずに、漬けてある分を全部溶かさずに使い切ることが課題です(笑)

10年ぶりのライブハウスFRIDAY

東洋一のサウンドマシーンィ横山剣さん率いるクレイジーケンバンドの月例?ライブに10年ぶりに行ってきました.
Img_0874
長者町フライデー.ィ横浜でもかなりディープなエリア.その昔、ちゅなどんはここに足しげく通っておりました.暗黒ちゅなどん時代(てこともないけど 笑)

今回、3時間かけて取れた席は立ち見だった.昔は毎月取れてた上に、立ち見って実は一度もなかったんだけどね.それだけ今は人気で取りづらくなってるんでしょうね.ご活躍、なによりデス.

ここの小さな箱でのライブを一度体験してしまうと、もう他の大きいところでのライブはライブであって、ライブでない、ような気にすらなってしまう.それくらい濃密な音と空気の空間.それが病み付きになってしまって、私は毎月、ここに居たような気がする.

Img_0876
ほら、こんなに近い.(私が立ってたところから撮ったよ)ひな壇も何にもなくて、地続き(笑)
超ナチュラルな演奏会.ごまかしなしのライブ感つか、ライブ.こうでなくっちゃ、っていう感じ.
たった一時間ちょっとの短い時間だけれども、セットリストは古い知った曲ばかり.このこじんまり感がたまらなくいい.

10年ぶりのフライデー、客席には10年前にも見た顔がふたりほど.やっぱり10年も経てば大人になってるわねぇ.という感じ.ふふ.それでも知った顔に会えたのは嬉しい.

今日、この機会をくれた【もじゃもじゃハンサムボーイ】たみさんに感謝!
Img_0878

2012年3月30日 (金)

How to make 輪行バッグ

ちゅなどん自作の輪行バッグ、どこへ持って行っても好評で(っていうのは単に派手な色柄だけだと思うんだけどw)、作りたい、という声も多数.
ただまっすぐ縫っただけの大きな巾着袋、なのですが、改めて採寸してみました.

Img_0860
横幅は140cmですね.これはIKEAで安売りになってた生地ですが、ちょうど生地幅そのまんま、切らずに使ってます.

Img_0862
天地は90cm.シートポストがたくさん出てる人はちょっと足りないかもしれないけれど、私の自転車なら十分.

Img_0861
マチは25cm.まぁ厳密に計って決めたわけではなくて、たしかオストリッチの輪行バッグのマチがこんなもんだったから、だと思う.適当で良いと思います.生地の大きささえ余分にとれば、マチなしでも大丈夫なくらいじゃない?

Img_0863
両サイドですが、口ギリギリまで縫ってしまうと自転車の出し入れがしづらいので、大きく開くように途中で縫うのを止めてます.33cmほど.
で、通した紐を縛るだけではこの部分が開いてしまってリアディレイラーがコンニチハしちゃうこともあったので、マジックテープをつけました.

Img_0864
引いて見るとこんな感じ.

紐は滑りが良くて細いものにしました.手芸店で一番安かった紐なんじゃないかな?テンションがかかる部分ではないので強度などは気にしなくてOK.

Img_0865
紐を通す部分.3cmも取ってありますが、これは紐を買う前に縫っちゃったからこうなっただけで、たぶんもう少し狭くても良いと思います.

Img_0866
畳むときは、縦を1/4に折ってから、エンド金具を芯にして…

Img_0869
くるくる巻いて…

Img_0870
共布で作ったケースに入れます.ボトルケージに入る大きさを目安にしていますよ.
自転車にセットすると…

Img_0871
こんな感じー♪

私の自転車、フレームがすっごく小さいからギリギリです.
ま、大抵の人は私より大きなサイズの自転車にお乗りでしょうから、ボトルケージに入るサイズを目標に畳めばOK!

Img_0822
持ち運びの時にはオストリッチから出てる【横持ちストラップ】というのを使います.私は背が小さいので、いわゆる輪行バッグのストラップで縦持ちすると階段で引っ掛けちゃうのです.このストラップがあると、すごくラクですよ.オススメ.

【簡単すぎる手順】
上で採寸した寸法プラス数センチの縫い代を取ります.
生地の表を内側にして二つに折って、両端を縫う.
紐を通す部分を筒に折って、アイロンでも掛けておけば縫い易いでしょう.もちろん、面倒なら待ち針打ってもいいけど.(どっちもかわらない面倒さ加減かなw)
ミシンで一気に縫えばすぐできあがっちゃいます.まじで!

気をつけるのは一点.
生地は薄すぎず、重すぎないものを選んでね.薄いとパーツに引っ掛けて破けちゃうし、厚くて重い生地だと畳んだときにボトルケージに入らなくなります.

ではでは.みなさま.
お気に入りの生地で素敵な輪行バッグを作ってくださいね!

質問などありましたら、コメント欄へどうぞ!
今日はこれから出かけるので明日以降、お返事しまっすー♪

2012年3月28日 (水)

沖縄でのご縁にいろいろありがとうを

今回、沖縄への旅はあらためて嬉しく思ったことがたくさんあったなぁと振り返る.

まず、この旅へお誘いいただいた森さんとのご縁.以前、ファンライドの取材でご一緒させていただいて以来、幕張でのサイクルモードやツール・ド・沖縄で.さらにはFacebookでも.70歳の年齢を感じさせない若々しい老人で今でも毎月の月例サイクリングのアレンジも自らされているそう.自転車で遊ぶことにここまで長けている人は日本中探してもそうはいないと思う.そんな森さんとのご縁があって実現した今回の沖縄への旅です.お声かけていただいて、本当にありがとうございました.

そして、私からお声をかけてご一緒させていただいたお友達の皆さん.それぞれみんな自転車が好きでそれぞれの楽しみ方で楽しんでおられる方ばかり.もちろん、私もその一人です.ご一緒できたことを大変しあわせに思います.
普段からレースに出る人、レースはやらない人、最近ちょっと自転車お休みしてた人…と今回の顔ぶれはそれぞれだったんだけれど、それぞれが自転車を通じて楽しい時間を過ごしてくれてたかなぁ、っていうのが私は一番嬉しかったり.

ライターのダンちゃん、直前に『160kmの写真撮ってきて』って話しからカメラまで貸してくださることになるなんて思わなかったけど、あのミッションがあったおかげで、私たちはとっても盛り上がった(主に、全国誌デビュー(超ニッチだけどw)を目論んでいた男子1名ですが)んだよ.

ダンちゃんと一緒に来てたマッスーはすんごい美女で、自転車の格好がカラフルでかわいかったなぁ.私もいつかあんなバイシクルビューティー部門に鞍替えできるだろうか…(遠い目

田代くん、羽田で初めましてのご挨拶もそこそこにまるで昔からの知り合いみたいな感じだったけど、実はアンカーの元選手さんだったなんて.すいません.存じ上げずに(汗)
当日、スタートしてしばらくは近くに居たのに、いつの間にか気配を消していたのは鮮やかだったなー.さすが元プロ.

鈴木さんとは東京でご飯食べて、三浦で自転車乗ってーーーでも沖縄にもベースがあってーーーで、今回、タイミング良く沖縄にいるってことでご一緒できたんだけど、実はたかさんも所属してるチームキッズの一員ってことで、店長の大城さんをご紹介していただいた.

今までキッズと言えば、たかさん、リツコさん、ユキコさん、愛ちゃん、くらいしか知らなかったんだけど、走っている最中に大城さん率いるキッズ集団に絡むや否や、なぜか私のことを知ってる人が居て「あれが本物のちゅなどんか!」みたいなことになって可笑しかった(笑)
その山城さんって方はたかさんのblogの常連さんで、たかさんがたびたびネタにする『チームちゅなどん』の名前を覚えてくださっていたのだ.
それにしても、まぁ、びっくりであります.三浦半島を走っているならいざ知らず(実際三浦や湘南なら時々、名指しされることはあるんだけど)はるばる沖縄まで来て「ちゅなどん」が名指しされるとは.

ご縁をつないでくださった鈴木さん、たかさん、あと、バックアタックを決めてキッズに拾ってもらって本隊に戻してもらうという身体を張ったご縁つなぎを見せてくださったどらちゃんに、感謝.

そして160kmの距離は一人でも走れなくはないのだけれど、元気に走りきれたのはやっぱり、前を牽いてくれたこの二人、かとちぇとかまたくんのラブラブカポゥのおかげ.二人にしてみれば、もうちょっと練習になるような走り方をしたかったところでしょうに、最後まで私に合わせて走ってくださって…二人のホスピタリティにあらためて感謝です.

今回は足掛け三日の間に新しいご縁がたくさん生まれたことも嬉しいし、これまでのご縁の中でも、皆さんに少しずつ優しさを分けていただいたことでとても嬉しく満たされた気持ちで過ごすことができました.

久しぶりの再会だったユキコさん、あと、急に連絡したにも関わらず会いにきてくれたよーこちゃんもありがとう.

沖縄から帰ってきて、みごと風邪をひいてしまい、ヒリヒリ痛む喉を労りながら、何となく書き残しておきたいなぁと思ったので、この部分だけ別にしました.

いろいろ振り返ってこれを書きながら、ぼんやりと「私と自転車」の相性、についても思い至りました.うん.きっと私は自転車と相性がいいんだろうな.昔、冗談で誰かに「ちゅなどんは自転車おりると戦闘力なくなるから」と言ったことがあったけど、それは自転車に乗る能力が強い、というワケでは決してなくて、自転車が伴うことで私の前向きなパワースポットのスイッチが入るんだろうな、という感じ.

私が自転車に乗る能力っていうのはハッキリ言って10人並みだから、そこの力で人と繋がってるわけではないことは分かってはいたんだけど、だったら、それは何なの、っていうのはまだ自分でも理解しきれていない.今日は何となく、そんな風に思う、ってだけね.これからも、また思い出せば考えると思う.

つらつらと思いつくままに書きましたが、明日もあるので、寝ますー.おやすー.

2012年3月25日 (日)

エコスピリットライド & ウォーク in 南城市

先日ここにも告白しました通り、自転車担いで沖縄へ行って参りました.
【エコスピリットライド & ウォーク in 南城市】
実は一昨年の12月、ファンライド誌の取材に帯同したのはこのイベントの紹介記事でのこと.あのときは車で160kmのコースを主に回り、見どころ、走りどころをかいつまんで撮影して回っただけだったから、実は大して走ってなかったりして…実際走るのは今回が始めてでした.
P1090433
イベント前日に那覇入り.到着すると…寒くない?もちろん、横浜よりは暖かいはずなのだけれど、曇っていたこともあって、思っていたよりも肌寒い.

3月末の沖縄と言えば.例年だと1週間後には海開きを控えているという時期だから、それなりに暑くなることを予想(期待)してウェアは夏アンダー、夏ジャージ、夏レーパン+ウィンドブレーカー、というセット.早朝スタートだから、日が昇るまでウィンドブレーカーが必要かな、というイメージだったんだけど…この風の冷たさ…大丈夫かヲイ…

空港到着後、バスでホテルに入って実行委員の方からゼッケンの配布とブリーフィングを受けて…
P1090443


その後は森さんの計らいで近所の沖縄料理のお店に場所を移して前夜祭.優しい味の沖縄料理をたらふくたらふくいただきました.ホテルへ戻ってもしばらく苦しくて動けなかったくらいたくさん食べたよ.
P1090445

一夜明け、午前5時に宿を出発してスタート地点のユインチホテル南城へ移動開始.前夜のハナシでは『スタート地点まで自走する』と言っていたカトチェ、かまたくん、どらちゃん、ですが、あまりの寒さとバスの運転手さんに『結構かかるよ』と言われ、少し萎えたようで、全員回収.観光バスの設えの車内に自転車12台と人14人.ツールド沖縄で言うところの『回収車』さながらの様相…誰だ?まったく朝から縁起でもないこと言わないでーー(笑)
P1090451

P1090452
まだまだ寝ぼけた顔してます.みなさん.夜明けの遅い沖縄.外はまだ真っ暗.夜だもんね.あ、かまたくんは今日はじめてイナーメジャージお披露目だよ.すんごい細くってパッと見、みずちゃみたい…(笑)

現地に着いても、当然まだ日の出前.さっ 寒いぃぃ.ウィンドブレーカー着ていても、それどころじゃない寒さ.冷たい風が強く吹いている.ちょっとこれは予想以上.

以前、一緒に『東京ぶらチャリ』のコーナーでご一緒してくださったファンライドのライターダンちゃんは今回まっすーと一緒に50kmのコースを走るそう.なのでみんなとゼッケンの色が違いまっすー.

P1090455

お日様が出ればそれなりに暖かくなるんだろうけれど、スタートまでの時間を外で過ごせない程には寒くて、運動公園の施設の中で暖をとる一同.スタートに向けて続々と集まる参加者はやはり外が寒くて、どんどん建物内に流れ込んでくる…スタッフが奥から次々と椅子を出してみんなが座れるように席を作ってくれる.なんて優しいんだろう…夜更かしが響いたのか、座って寝落ちしてる人もいたんだけれど.(これから160km走るのに、大丈夫か?w)
P1090457

P1090459
空が白み始め、開場では開会式がはじまりました.みんなしっかりウィンドブレーカやニーウォーマーで防寒しています.

そんな中…
P1090464
3年前に買ったキッズジャージを今日始めておろしたよ、と、笑顔のすずきさん.ないでしょう!ないない!沖縄ナメてませんか?大半の参加者が地元沖縄の方であるはずのこのイベント.辺りを見渡しても、皆さんそれぞれ防寒ウェアな上に寒そうなんですけど…江戸っ子です.『1時間後に勝つのは俺だ』ってーーー(でもよく見たらシューズカバーついてたんだね)

P1090465
開会式で威勢の良いかけ声をかけてくださった森さんも準備万端!スタートを待つばかりです.この方、御歳70歳.いつもいい笑顔で迎えてくださる元気な『お兄さん』(京都風w)ですよ.

P1090466
いよいよスタートです.一斉に、ではなく、数十台ずつかな、適当なところで区切ってのスタート.私たちは第2グループで出発です.司会のタレントさん?や主催の方、地元沖縄の装束に身を包んだ太鼓のグループのみなさん?などに見送られる.みなさん、寒い中、本当にありがとうございます.

スタートゴールのユインチホテル南城というのは山の頂上にあるホテルで、ここを出発してしばらくは尾根伝いのサイクリングロードを行くことになります.さすが沖縄.3月なのに緑があおあおとしている.木々の隙間から遠くに海が見える.
サイクリングロードを抜けると、去年みんなと一緒に行った八風畑(森さんが教えてくれた黒糖カフェだよ)だ.黒糖プリンが美味しいんだよねぇ.

まるで天女の羽衣のようなニライカナイの橋を海に向って一気に下る.その昔、この地では神様はここから海の向こうに見えている久高島からやってくるとされていたそうな.ちょうど雲の切れ間から、まだ上ったばかりの太陽が久高島に幾筋もの光を落としている.とっても奇麗…なんだけど、何せ強風の中、自転車で一気に坂を下ってるもので、そんなに余裕で見てらんない.高所恐怖症のすずきさんは隣で「まじこわいまじこわい」って言ってるし(笑)

P1090468
日が昇ってきて、だいぶ身体、あったまってきたかなー.
今回のサイクリングイベントは交通規制が一切ないもの.コースは案内の看板が立ててあったり、右左折のポイントには人が立っててくださったり、と迷うことのないようにしてくださっています.
カトチェとかまたくんは二人で練習スイッチが入ったのか先行.私は160km走るのは先だってのツール・ド・伊豆以来なので、無理しないでいこう計画.

(ほんとはかとちぇと鎌田君が接待ライドしてくれるはずだったのにぁ…w)

と思っていたら、途中でカメラ構えて待ってたくれた.やーさしーぃ.
Cimg2762_org

最初のエイドステーションまでの距離は意外とあって、36.6km.みんなが口々に『腹へってきた』だの『バナナ食べたい』などと話しはじめたちょうど良いタイミングだった.
P1090471
エイドステーションでは通過証明のためのサイン(通過時間も書く)をして、補給.おにぎり、パン(アンパン、クリームパン、チョコパン)、バナナ、さんぴん茶、お水、スポーツドリンク…と至れり尽くせりでありがたいー.しかもゴミが出ないように、リターナブルカップを貸してくださるという、タイトルのエコスピリットライドに恥じない心遣い.もちろん、各自のボトルへ直接給水もさせてもらえるよ.

途中、ちょっとした上り坂でキッズジャージの一団が駆け上がって行ったのに反応して、同じキッズジャージのすずきさんは行ってしまわれた…のですが、ここで先回りして写真撮ってくださったり(笑)みなさん、それぞれ楽しんでおられて、よいことよいこと.

私はようやくここのエイドで着ていたウィンドブレーカーを脱いで身軽に.脱いだウィンドブレーカーは丸めてボトルケージへ.いつもならツール缶があるんだけど、久しぶりの自転車旅でそこまで気が回らなかった.

沖縄の道路は総じて走り易い.場所によっては一車線分はゆうにあろうかという広々とした路肩.そうでなくても、路肩は広めだし、うしろから追い越してくる車は大きくスペースを開けて抜いてってくれるし.それにね、信号待ちで止まってる私たちに、車内から声をかけてくれる子供のなんとまぁ多いこと.本当に嬉しくなっちゃう.
大会関係者ではない沿道の住人の方が手を振って応援してくれたり、写真を撮ってくれたり…沖縄の人ってほんとうに優しさと明るさが溢れてる.もともと私はオープンマインドだけれども、みんながそうだと、さらにこちらまで気持ちがひろびろとしてくる.嬉しいねぇ.

エイドを出てからはずっとかとちぇとかまたくんが二人で前を牽いてくれる.風は相変わらず前からも横からも強く吹き付ける.それでも、うまく風を使うように身体を少し斜めにしたり、真後ろに着かずに斜め後ろに入ったり…と工夫しながら体力温存.

P1090480
それもこれも、これのため(笑)
海中道路でみんなより先へ行って、写真を撮りたかったのです.

今回、50kmのコースを走るダンちゃんから頼まれていた海中道路での写真.以前、取材で来たときの小野口カメラマン(ケンタくん)の『アレw』を思い出して、真似してやってみたんだけれど…横風で吹っ飛ばされそうになりながら、一人で走った海中道路はキツかったぁー.
しかも、この写真の直前までカメラを構えてる私と被写体の彼らの間には車が数台、通り過ぎていて…文字通り、一瞬、を切り取った一枚になりました.
どの写真使うかわからないけれど、ちゅなどん、カメラマンデビューなるかw

P1090497
撮影していてみんなより大きく遅れてしまったわたしを心配して迎えにきてくれたかとちぇと二人でみんなを追っていたら見つけた馬さん.とても人懐っこくて、かわいい.おっかなびっくり触らせてもらう.風にそよぐたてがみがきれいな子だったよ.

Cimg2794_org
緩い坂を上りきった先でみんが待ってててくれたー.かまたくんの構えるカメラに気づいてかとちぇガッツポーズ(笑)
さぁ、ぬちまーすのエイドまであと少しー.がんばっていこー♪

Cimg2796_org
っとー.片側交互通行の信号.しかも上り坂…
『車を先に通してから自転車の皆さんを出しますから』と警備のお兄さんから説明を受けて待つ一同.ここから規制区間が終わるまでは400mあるらしい.お兄さんのゴーでスタート.別に急ぐ必要はないんだけど、一気にかけあがるかとちぇとかまたくん.
どらちゃんと藤田さんはマイペースで行く様子に見えたから、私は先行の二人よりちょっと遅れて少しだけ頑張ることにした.勾配は10%ちょっとってとこかな.

P1090503
ぬちまーすのエイドステーション.
黒糖生姜ドリンクなんていうのがあったり、ぬちまーすの塩サプリ?が振る舞われたり.しかし、ここで私たちは全体でかなりうしろの方を走ってることになるんじゃーないかということが発覚.確かに写真撮ったり、なんだーで、遅れ気味だったかもしれん.
ということで、休憩もサクっと終わらせて、次行こう、次(笑)

ぬちまーすを下ったら、すごい追い風.
P1090515
海があまりに奇麗だったので、やっぱり立ち止まって、写真(笑)
結局、そんなこんなしてたらそりゃ遅くなるって.だけど、今日はレースじゃないしね.まだここで60kmだったから、あと100km残ってるんだけどね!

P1090525
この写真の背景の浜…あそこでマターリしたい.美味しいパンでサンドイッチ作って、コーヒーをボトルに入れて、自転車で遊びにきたい.普段は読まないけど本とか持ってきて、ゴロゴロしたり…そーゆーのやってみたい…(妄想)

P1090526
普段から、とっても仲良しのこの二人.隙あらばイチャイチャしてる.まったく…
最近ではかとちぇの嫁さんのみゆきちは本気でかまたくんにヤキモチを焼いているという話し.それも納得できるわなー.これ見たら(笑)←嘘.すいません.仕込みですw

「さ、次のエイドでお昼ご飯だよー♪」今回はバイキング形式でランチが用意されているとのこと.

着いてみると…
P1090527
なんと、マッサージまでしてもらえるの?!すごーい.って、よく見たら…すずきさん(笑)
極楽顔になってますよ.

P1090528
昼食会場であるレストラン花ではこんな感じでバイキング形式のランチが用意されていました.いやー.すごいすごい.みんなそれぞれ、好きなもの、好きなだけ取って「いただきまーす」

P1090529_2
私はこんな感じ.エイドステーションでそれぞれバナナ一本ずつとかつまみながら来てたから、量的には普段よりほんのちょっと多いかな、ってくらい.前夜祭でしっかり食べてたおかげか、血糖値下がるどころか空腹感もあまりなく(笑)

食後、出る準備をしていたら、さきほど極楽顔してたすずきさん.次のエイドで離脱するから、と一緒に走ることに.で、お腹いっぱい食べちゃったし、ちょっと上げて行こうか、なんて口火を切る.どらちゃんも「眠くなってきた」とか…前の晩遊びすぎでしょ?それは…w

「どらさん、眠いんなら前、牽いてもいいですよ」と言われ、前に出たものの…ほんの100mほどで目の前に現れた緩い上り坂で戦意喪失.バックアタックが決まる(笑)どらちゃん面白すぎる.上り坂苦手なのは知ってるけど、本人、坂を見た途端に踏んで行く気がまったくなくなるってのが面白い.

途中、チームキッズの面々が前方に見え、絡んで一緒に行こう、としたところ、空気の読めないかとちぇとかまたくんは追い抜いてそのまま先行(笑)ま、これはしょうがない.で、先ほど鮮やかなバックアタックを決めたどらちゃんはありがたくもキッズの皆さんに拾ってもらい、その後、無事、ブリッジをかけてもらった(ありがとうございます).

P1090531
奥武山公園のエイドにて.キッズの皆さんも一緒に記念写真.チームキッズ浜松支部兼、チームちゅなどん東海支部であるたかさんのblogにて、ちゅなどんの名前をご存知の方がいらっしゃったということで『あのちゅなどん?』と盛り上がる(笑)いやー.嬉しいものです.ありがとうございました.でも、山でたかさんをヒィヒィ言わせてるのはあゆかです.そこんとこヨロシク(笑)

私たちここで、姿の見えないどらちゃんを探し、ずいぶん待ったのですが、見つからなくて出発.実はどらちゃん、そろそろ疲れてきて、自分のペースで走るためにエイドでは名前だけ書いて先行.いわゆるサイクリング的「逃げ」を決めようとしたらしい.

そうなると、次のエイドである平和祈念公園までに捕まえることができるか?というのが密やかなネタとなるわけですが…ちょうど、この平和祈念公園へ向かうあたりから、上り区間に入って行く.小さい上りと下りが繰り返しながら徐々に足が削られて行く…というか、この日は私、すごい姫様ライドで超ラクしてるからこれくらいがんばんなきゃ.で250w(かまたくんによると)?がんばった.ぜーはーだったけど.

そんなこんなしながら、どらちゃんの見るからにヘロヘロの後ろ姿を見つけるなり、駆け上がるカトチェとかまたくん.二人してガッツポーズで捕捉.楽しいねー.

平和祈念公園でどらちゃんはみんなに「どらさん、何分欲しいですか?」と聞かれ「20分」と.
わかった、ということで、どらちゃんは先行.私たちはサイスポや沖縄タイムスの取材を受けてマッタリ休憩.今回、取材、たくさんされたなー.どんだけ載るかわからんけど.楽しみ(笑)

正確に20分計ったわけではなかったけれど、相当ゆっくりして出発.目指すはゴール.あと24km.24kmと聞けば、そんな大した距離ではないんだけれど、もうここからはほとんどが上り.結局どらちゃんは逃げ切れず、ゴール手前10kmくらいのところ?で捕捉(笑)

最後の見どころというか、走りどころはやっぱりニライカナイ橋、かな.朝は一気に下っちゃったからね.
ということで、ここはかとちぇがカメラを持って走ってくれました.超かっこ良かったよー.
P1090535
ニライカナイ橋.

P1090540
ゴールまであと3kmくらい?前の二人、元気そうに見えるけど、結構ヘロヘロだよー.あと少しがんばー♪

P1090541
ということで、無事完走しましたよっと.
今回はかとちぇとかまたくんが徹底して前を牽いてくださった【姫様ライド】のおかげで元気に走りきることができました.二人には心から感謝!ありがとうございました.

ゴール後、たくさんテントが出ていた広場でぜんざいをいただいたり、カレーをいただいたり…ここもかなり充実していて楽しい.ご飯から甘いもの、そしてお土産物、ビールまで(もちろん、帰りが自走の人はダメよ).ここではあらかじめ配られていた金券を使うことができるっていうのも、面白い.

体育館では無料でマッサージを受けられたそうだし、本当に至れり尽くせり.何度でも言うよ(笑)
素晴らしいサイクリングイベントでした.

 

2012年3月24日 (土)

エコスピリットライドモニターツアー

沖縄の自転車御大、森平次氏から表題のイベントへのお誘いがあったのは3月の頭の頃.それもわたしだけではなく、お友達をたくさん連れてきてほしい、という要望付きで…
モニターツアー、というからにはお値段お得なツアーで、聞けばきっと予定をやりくりしてでも行きたいと言う人が続出するだろうなーという設定.
日程は土曜日出発の月曜日帰京、なので、月曜日にお休みを取ることができるひと、という条件になる.

さて、それでは.と、まずお誘いしたのはもちろん我がホーム「えび」のみなさん.しかし時は春休み.オヤジーズをはじめご家庭もちのお父さんがたは今ひとつ反応が鈍い(当然か).しかし藤田さんが即レスで名乗りを上げてくれた.そして、人生の中で遊ぶことが優先順位の最上位にあるどらちゃんも(*゚▽゚)ノ

どうしようかなーとツイッタを見ていたら、ちょうどTLに上がってきた杏子ちゃんのツイートが…めちゃくちゃ病んでて(仕事で追い込まれていたのかな?)、これは寒い東京を離れ、暖かい沖縄で自転車に乗った方がいいんじゃーなかろうか…と思いつき、即、DM.婚約者のざいこうさんと相談してみてね、って言ったら、即レスで参加(*゚▽゚)ノのお返事が(笑)

そして、たまたま頼まれて買ってきていたシリアルバーを受け取りにきた鎌田くんとかとちぇにこのハナシをしたら…

「なんでちゅなどんだけそんなんズルい!」「そうだズルい!」
「ズルい!」「ズルい!」(子供みたいでかわいいw)

と二人して言うものだから「だったら行く?年度末なのに休み取れるの?」って聞いたら「行くに決まってんじゃん!」(*゚▽゚)ノ

あとは、もしかしたらこのタイミングで沖縄にいるかもしれないすずきさんに連絡をして…ということで、ツアー的には7名.全部で8名での参加を決めたわけでした.
何となくですが、今回の人選は私ではなくかみさまが決めてるっぽいような気がしていて、『行ける流れ』の人が枠を埋めてくださった感じがしている.

そんな顔ぶれの二泊三日.どんな旅になりますやら…

2012年3月23日 (金)

LUMIX LX-3を修理に出したよ

Img_0813
これ、買ったのは2008年11月.ちょうどうららの結婚式があるから、とシドニー行く前に慌ててデジカメをあれこれお調べして決めたんだった.
以来、自転車、スキー、畑、飲み会…日常生活の様々なシーンを切り取ってきた.写真なんてちゃんと勉強したこともないし、ぜんぜん拘ってもいないんだけど、素人にもそこそこキレイな写真がとれるこのカメラは使っていてとても楽しいし、大抵どこへ行くにも忘れずもって出ていた.

がしかし.
昨年のビワイチでシャッター切っても切れなくて、とうとうダメか…という事態に.
その後、カメラを持って出ることはなくなって、blogの写真はiPhoneで撮るのがメインになった.だけど、iPhoneはグローブ外さないと写真撮れないし、自転車漕ぎながらなんて危なっかしくて無理だし、3GSは動きもマッタリだし…シャッターチャンス逃しまくりでいろいろ諦めたり割り切ったりするココロが必要.(要は不満)

で、明日から沖縄へ行くにあたって、ファンライドのダンちゃん(ライターさんね)から連絡があった.
「僕も沖縄行くんですけど、走るのは50kmなので、160kmのコースの写真撮ってきてくれませんか」

お易い御用よ、と答えたものの、そうだ.わたしのカメラ、使えないんだった…

で、iPhoneの写真になるけどいい?って言ったら、なんと意外にもiPhoneの写真でも何とかすれば使えちゃうそうでびっくり.雑誌だよ.印刷物だよ.へーへーへー.
でもまぁ、デジカメは誰かしら持ってるだろうし、頼まれたカットを撮って送ることはできるからいいよー.と

そして、わたしはさすがにこのカメラがこのままの状態でここにあるのはいかんなぁと思い立ち、修理を決断した.
Img_0819
ヤマダ電機で買った当時に延長保証に入ってた.それもなんと、55000円で(!)すげぃ高級機買ってたんだ…
しかし、わたしの前に座った担当者クンは『実費が発生するかもしれません』などと仰る.
むー.まぁ、安く修理できてくれればそれに越したことはないけれど、後から高額な修理代を請求されても困るので、費用が発生する場合はあらかじめ連絡してください、とお願いして預けてきた.

ダンちゃんは奇しくもわたしと同じこのLX3のユーザーで、以前『東京ぶらチャリ』のコーナーで取材にご一緒した時に「いいよねーこのカメラ」と意気投合していたの.
なのに、この2日で彼は後継機であるLX5を手に入れたらしい…(びらかされたw

LX5かー.わたしがLX3を買った価格より2万円も安い!価格コムチェックしてしもたやないか.(買えないけど)
もし修理が無理で代替機対応になったらLX5をリクエストしてみよう.そうしよう.そんなうまいこといくかわからんけど.

で、今回の沖縄はダンちゃんのLX3をお借りして(しかしこれもまた調子がよろしくないらしいw)撮影にのぞむことになりました.とりあえず、電池パックとメモリカードとストラップだけ持参して.

(って、わたしがカメラ持ったら、誌面に登場できひんやんか…)(ま、いいけど)


2012年3月21日 (水)

沖縄に行くよ!

正直に告白します.(というか、チラチラと文中で匂わせてはいたけどw)

自転車楽しくて、いっぱい乗ってたら、いいことがありました.
とってもお得なモニターツアーにお声がけいただきまして、今週末、弾丸スケジュールだけど、自転車持って飛びます.沖縄へ!

かまたくん、カトチェ、藤田さんにどらちゃん、きょこちゃんとざいこうさんも一緒だよ.
向こうでは今回声かけてくれた森さん、それにたまたま那覇滞在のスケジュールが合ったスズキさんも合流するよ.
ファンライドのライター、タナカダンくんも来るって.彼らは50kmだから、当日一緒に走ることは叶わないけれど、飛行機は同じ便らしいし.楽しみだわぁ.

心配な当日のお天気も、今週の頭に50%だった降水確率は日を追うにつれて下がり、今は30%?森さんは現地で行われた祈願祭(ユタに従って行われたとか、超!本気でわくわくします)にも参加されて安全と好天を祈ってくださったそう.あとは雨男カマタくんがおとなしくしててくれることを祈るのみ.(レインウェア新調したらしいけど.無用の長物となりますように.南無)

160km…ツール・ド・伊豆以来の距離だけど…元気に走りきれますように.がんばれわたし!
そして晴れますように.

オペレーションてるてる坊主、久しぶりに発動します!

愛用のカメラ、壊れたまんまなのが惜しまれる.修理したら高いかなぁ.むむぅ.( ´・ω・`)
今回はiPhoneで乗り切るかなー.誰かデジカメ死蔵してる人おらんかのぅ.

2012年3月20日 (火)

はじめての成形パン

ホームベーカリーがうちに来て一年ちょっと.ホームベーカリーまかせの食パンはけっこうたくさん焼いた.味はパン屋さんのパンにははるか及ばないけれど、コンビニやスーパーの『なんだか臭い』パンよりはずっとずっと美味しい.

ホームベーカリー任せだと、食パン型のパンしか焼けないんだけれど…
Img_0249
なんかこればっかりだと、さすがに飽きてきた.

ということで今日ははじめて成形に挑戦.
生地の材料をセットして、一回目の発酵までをベーカリーにやってもらう.

今日も具はいつもと変わらず、クランベリーと胡桃.この組み合わせは本当に大好き.粉は準強力粉が近所でみつからなかったので強力粉と全粒粉を混ぜたもの.後は塩と水とはちみつだけ.油脂は使わずにやってみた.

そして出来上がった生地を休ませ、良い大きさに分けて、成形.
Img_0807
そうそう.いつも充麦で買ってる『あのパン』がお手本.
もうちょっと細かったかなぁ…と思いつつ、天板の尺に合わせるとこうなっちゃった.

うちのガスオーブンはどうも火力が強いみたいなので、レシピの210℃よりちょっと低い180℃で20分.最後一分だけ190℃.

で、焼き上がり♪
Img_0809
なかなか上手く行きましたぞ.
美味しくて、コーヒーが入る前につい1本ペロリ.さらにコーヒーが入ってから半分(コラ).

ひと手間かかるけれど、これはホームベーカリー任せにするよりちょっと美味しい気がする.形が違うだけなのに(笑)でも、そんなもの、だよね.
今度はちゃんと準強力粉とやらを手に入れてやってみよう.

今日、ほんとは天気もいいし自転車乗ろうと思ってたんだけど、ここんとこめんぼ(猫)の調子が良くなくて.食欲はあるから食べるんだけど、結局吐いてしまうことの繰り返し.たった数日で元々細い身体がさらに骨が浮くようになってしまって、さすがに様子が気になり、出るに出られなくなったのねー.
まぁ今日、ここまで見てる間に吐くことがなかったから、無事消化してくれてると良いのだけれど.
うちは部屋を分けてるから、普段、日がな一日猫と一緒にいることなんてほとんどないんだけど、今日はそんなわけで、パンを焼いたり、たまった段ボールを片付けたり、冬に使ってたシューズカバーを手荒いしたり…そんな細々としたことを合間に挟みながら、ずっと猫と一緒にいた.
つい先日、実家で可愛がってもらってた『世界一可愛い猫まぐろ』が他界したこともあって、余計になにか気にかかる.猫がわたしより先に逝くのは飼い主としてはしあわせなことだけど、やっぱり元気になってほしい.
甘えにきためんぼを撫でながら何度もキスをした.

2012年3月19日 (月)

ゴキゲンがいいね

Img_0790_2
ここんちのことについてはあまり語りたくない.口火を切って、気分の良いハナシがあまりに少ないからだ.
今日も変わらず私の友人であるここのどら息子は言ってもしょうがない愚痴と文句のオンパレード.癒しはスコティッシュフォールドのミミ社長とマロ専務のみ.

(わたしそんなん知りませんやん…)と内心思いつつ、「まぁ赤飯でも食べなよ」と買って来たお赤飯をすすめ、とりあえずお腹だけでも満たして少しでもご機嫌を…この友人とは腐れ縁を自覚しているからこそ、適当な態度で受け流しているけど…

ほんまに不機嫌というやつは、ただ『流す』だけでも結構な労力である.
そして流しきれないとき、釣られて不機嫌になってしまいそうになる.それは、負け.である.

変わって、いつも楽しそうに笑ってる人がいる.
いつ会っても、ついさっき何かとても良いことがあったかのような笑顔で.その人に会うと、こっちまで嬉しくなって、まだ何にも話してないのに、笑顔になる.
ご飯食べに行くにしろ、自転車乗るにしろ、何しても楽しくて、ご一緒させていただくととても元気になる.

私は自分で意識して後者であろうとする「いい子」ちゃんなところがあるんだけれど、意識してそうしているのと、ナチュラルにそうなっているのとでは大きな違いがあるなぁ、と、その人に会うたび嬉しく感じながらも、いつも自分の未熟さを思い知る.

もちろん、その人にとっても大変なことはあるだろうし、いつもいつも笑っていられるわけではないと思う.だけど、大変な時にこそ、それを感じさせないって、ひとつ挑戦だと思うんだよね.

私自身、そういうことって「徳」のひとつだと思ってるとこがあって、もう身に付いてしまっているくらいずっと、大変な時ほどそれを感じさせない人でありたいと思い続け、実践してきた.時に本音を包み隠しすぎて、どこにしまい込んだのか分からなくなったこともあるけれど.

あなたにとってそれがどんなに大変なことか、私にはわからないけれど、笑って話せるようになるだけで、大変なことが大変じゃなくなることだってあるんだよ.

と、言いたくて、言えなかったのですが、おいしいご飯をごちそうしてもらったお礼にここに書いておくから勝手に読んでね.
Img_0792

不機嫌はキライ.ゴキゲンがいいね.

2012年3月18日 (日)

山手ビラポルテから思い出ばなし

自分のblogの検索ワードランキング(どんなキーワードで検索されて閲覧されているのかが見られる)に「ビラポルテ 山手」が入ってた.ここは以前わたしが住んでいたマンション.
ちょっと気になって、私も同じキーワードでググってみた.(私が書いた最近のblog記事に確かにビラの名前は書いてあったからいいんだけど)

その検索結果から拾ったblogでは、CKBの横山剣さんが、いつぞや何か作品の中で私が住んでいた当時のここのマンションを「いつまでも変わらない信号の前のマンション」だとか言ってた「かっこいい山手のかっこいいマンション」(これは実際、歌詞にもなってる)って.

そうそう.そうだった.
人を寄せ付けないエントランスの雰囲気.重厚とか高級とかそういうのではなくて、そうね.昔、山下町にあったバンドホテルっていう古いアヤシイホテルがあったんだけど、あんな感じ.ちょっと煤けたような青いカーペットが敷いてあるロビー.雰囲気がちょっと暗くて、、、(その後、ここはちょっと改装されて明るくなったけど)まるで日本由来じゃないデザインのレリーフがどーんとあって、今は使われていない暖炉があって…部屋はそれぞれ個性的な間取りで、どのお部屋に遊びに行ってもふたつと同じ間取りがなくて楽しかった.
バスルームは外国人仕様で、大きくて浅いバスタブと洗面台とトイレが一つの広い部屋に収まっていた.

住人の7割は外国籍で、残り3割の日本人は女性の一人暮らしが多くて、それぞれが個性的なアーティストさんが多かった.うちは夫と二人で暮らしはじめたのだけれど、いろいろあって、いつの間にか私が一人暮らしになってた.(ここ、笑うところ)

何となく、あの建物は女性を喜んで受け入れ、女性を守ってくれる、そんな意思を持ったマンションだったような気がしてる.

時々住人が自分の部屋で開催するflea marketも楽しくて、お菓子持って遊びに行ったりした.掘り出し物を安く手に入れたり、物々交換になったり.仲良くしてたスピリチュアルガイドのお姉さんからは内線電話(すべての部屋に引いてあって、部屋番号でお互い連絡できる)で呼び出されて、よくパソコンのヘルプデスクみたいなことしたり、ついでに美味しいご飯をごちそうになったりしてた.

ああいう住人のコミュニティがある集合住宅はとっても素敵だったな.
建物自体はもうかなり古く、そう遠くない将来、形を変えてしまいそうな気がするので、ちょっと書き残しておきたい気持ちになった.

洗濯物を干すのは屋上.気持ちよく晴れ渡った青空に吹いてくる海風の記憶しかないくらい大好きな屋上だった.
ここからは6月に開港祭、8月に神奈川新聞の花火大会が見られるから、住人もそれぞれ友人を呼んだりして、テーブルや料理を持って屋上へ集まりみんなで花火を楽しんだ.
近くのマンションの屋上もみんなそんな感じ.ちょっとしたパーティだった.

私が横浜大好きなのはCKBの影響も大きくて、一時期、長者町のライブハウスFRIDAYでの月例ライブにはよく遊びに行ってた.彼らも人気が出て、フライデーのライブもモーションブルーに箱が変わった頃から足が遠のいたのだけれど.

ふと先日思うところあって検索してみたら、フライデーライブが復活?してた.
そして、先日、探し物をしていて長らく開けてなかった引き出しを開けたら、当時のライブ後にメンバーと撮った写真が出てきた.剣さんも他のメンバーもみんな若い.おそらく10年くらい前のもの.
あの頃一緒にライブで遊んでた子たちはみんなその後、どんな人生を送ってるのかなぁと思ったり.
今もまだライブ行けば会ったりするのかなぁ…でも、今の私に会ってもみんな分かんないだろうかなぁ、なんてね.

そう言えば、あの部屋を出るときに、管理人さんが「どうせ壁紙貼りかえるからいいよ」と言ってくれたから、リビングの壁一面にクレパスで絵を描いたんだった.あれ、あのまま上に壁紙貼ったのかなぁ.

とりとめなく思い出のハナシでした.

SUNDAY JAMへ【宇宙カレーパン】を買いにいく

目覚ましのセットを忘れて、目が覚めたら午前7時半.決して遅い時間ではないけれど、何となく出遅れた感がある休日の朝.そんなことを思うってことは私もそろそろ自転車乗りの仲間入り、と思ってもいいのかしら…
気持ち急ぎ気味に冷凍庫にあったパンを焼き、コーヒーを飲んだり猫ちゃんたちのお世話をしたり…

お休みなんだから急がなくてもいいじゃん、と思うでしょう?今日の天気予報、午後からふたたび雨マークがついている.何とかその狭間で自転車に乗ってやろう、としていた私は、やっぱりちょっと急ぐ.

目標は午前9時出発.そして目標通り9時出発.目的地は逗子.日曜日だけのパンケーキカフェSUNDAY JAM.だけど、今日のお目当ては【宇宙カレーパン】.しっかり辛いカレーが入っている上に揚げてない.これはポイントが高いぞ.ぜひ食べてみたい.

どうせ食べるの我慢できないんだし.
どうせ食べるならちょっとでも低カロリーの方がいいし.
どうせ食べて太るなら美味しいもののほうがいいし.

今日の宇宙カレーパン、限定8個?とにかく数が少なそうだから、先に買ってから走りに行くことにしようと最短距離のルート(戸塚ー建長寺ー134号ー材木座ーSUNDAY JAM)で.

毎日書いているような気がするけど。。。本当に弱い.鎌倉へ向う時の建長寺の坂、以前ならシッティングのまま上りきれていたのに、最後20mがどうしても我慢できなくてダンシングしてしまう.とほほである.ま、そんな数日乗ったくらいで痩せないし、しょうがないんだけどさ.

若宮大路を南下しがてら、KOBAKABAの店頭に日曜日限定のベツバラドーナツが出ていなくて残念なようなホッとしたような気持ちになりながら海へ.(あったら買っちゃうからねw)
滑川の交差点でモンテラックのジャージが目の端に入る.…誰だろ.イチローちゃん?ながしさん?知ってるジャージを見ると嬉しくて、気になる(笑)

こちらの信号は青で、左折して材木座を向いて走っている.もうすぐトンネル…のアプローチで一瞬で抜き去られた2人組.モンテラックの人とRapha…見たことあるよな、ないような.でも親しい人ではなさそうだ.…速いなー.
ついて行けないまでも、せめてペダリングを合わせて行こうとしてみたけど…無理っ.苦しいのキライっ.今日もあーるしす(11-23T)だし.インナー落とすよもう…どんどん小さくなる背中を見送って二つ目のトンネルですでにあちらさんはトンネル出口、というこの差…かなしい つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

そして、無事SUNDAYJAMに着いてみたらーーーー.おや.先ほどのお二方.

おはようございますーーーうんたらかんたらーーーちゅなどんだよね?  あ((・(ェ)・;))…ですです.イシイといいます.

えーと.どこかでお見かけしたような(カリカリカリ…脳内ハードディスクが検索する)ヒント:カワチさん…あ━━━━(゚∀゚)━━━━っ!!
Img_0772

そうだ.昨年末にカワチさんのお宅での忘年会でお会いした竹田さんだった!そして、もうひとかたの北山さんはしばらく話して思い出したけど、あの日カワチ家の門前で偶然に会って「かわちさんちってここですか?」って私が尋ねた人だった(笑)
ほんとちゃんと覚えとけよ.ってハナシですが、人がたくさんいるとテンパっちゃって記憶の領域が狭まるみたいで.どうもすいません.

と、そんなわけで同席させていただき、焼くのにやたら時間のかかるパンケーキを待ちながらいろんなお話をマターリと.まぁ一番驚いたのは竹田さんがPC西東京の会長さんをされていて、いろいろと共通のお知り合いがいらしたってトコです.はい.

お二人は東京から相当な距離を走ってパンケーキを食べにいらしてたのでハンガーノック寸前で待ち時間も相当長く感じられたことでしょう….ちょうど店内のお客さんもまだ食べ始めてなかったタイミングだったみたい.今日はほんとびっくりするくらい長くかかってた.
して、ようやく出て来たパンケーキ!
Img_0776
知らなかったんだけど、少し小さめのMサイズってのも選べるらしい.この写真のパンケーキがその小さい方.私も今度からこっちにしよう.

実は出発前に小さく切ったパンを焼いてつまんで出てきていた私.買って、走ってる最中に食べようとしていた【宇宙カレーパン】だけど、なんか小腹が空いてきたので、コーヒーも頼んでここで食べちゃうことにした(笑)
ということで、朝ご飯2nd stage.
Img_0774
どうして【宇宙】なのか聞くの忘れたけど、結構しっかりと辛いカレーが入ってました.具はひよこ豆(ガルバンゾー)とラグー.パンの生地もさすがパン屋さん.美味しかった.

食後、お二人とはここで別れ、私はさらに三浦半島を南下.
雨が降るまで、まだ少し時間がありそうだから充麦を目指す.

充麦から先は…天気次第.のつもりでしたが、やっぱり空が怪しかったので折り返し.
Img_0778
秋谷のあたりでポツリ.
波しぶきだよ波しぶき、と自分に言い聞かせたけど…無理(笑)
逗子では結構しっかり降ってきて、今年初めての雨走行.泥よけつけてきて正解だった.
ほんとは江ノ島まで行ってから北上したかったけど、そんな天気なのでさっさと諦めて、来たときと同じ最短ルートで帰宅.今日の雨は春の雨の匂いがしたよ.
70kmくらいにしかならなかったけど、900kcalは燃やしたらしい.

一旦弱まった雨はその後、本降りになったので、まぁ、よしとしよう.

ちゅなどん走れば知人に遭う.いや、ほんと嬉しいこと.

帰ってきて、富士ヒルクライムのエントリーネタでTLが盛り上がっていた.あぁ、そうだった.まだいけるのかなぁ、とコーヒー入れてPC立ち上げようとしたら…ちょうど定員になったとの報せ.
まぁ、今日は走りたかったし、走りに出たおかげで、楽しいお出会いもあったし.エントリーはできなかったけれど、何となく、これでいいんだ、という気持ち.

富士山(スバルライン)は200円払えば走れるし、出走するみんなの試走の時に一緒に行って走れば楽しいし.当日はみんなが下山してくる頃までに自走で応援にでも行ってみるかな、とか.
まぁ、近い(?)からこんなこと思えるんだけど.

そんな訳で、今年の富士山は7月10日のデュアスロンがメインとなります.(自主企画イベントですけどね)

【宇宙カレーパン】がなんで「宇宙」なのかは次回の宿題にします.

雨でぐにゃーっと過ごした土曜日の午後

午前の半ドンが終わって、朝から降り続いている雨はまだ止まず.
ストーブの前に座り込み、ツイッターで遊ぶしかやることないしー.というグダグダな午後だったんだけど、同じように暇だった数人が寄り集まって、中華街で晩ご飯食べることになったんだから、これはこれでゲリラっぽくて楽しいもんだな、とか.

暇だ、と呟いて、応えてくださるお友達のみなさまにあらためて、感謝であります.

2012年3月17日 (土)

扁桃腺炎お見舞い

扁桃腺炎を患ったかまたくんとこにカトチェが『ご飯、作りにいこうか?』というメールをした、っていう感動話が発端で、なぜかチャイナタウンへ水餃子を食べにいく話に発展した.

Img_0767
中華街の水餃子といえば、山東.
今日は5人(かまたくん、かとちぇ、みゆきち(かとちぇ嫁)、どらちゃん、ちゅなどん)だから3人前の水餃子.山盛りで大迫力である.

熱が上がって仕事早引けして…もっと弱ってると思ってたかまたくんは意外と元気で(さすがにビール飲んだときは喉が痛そうでちょっとトーンダウンしてたけどw)一安心.
それでもあんまり食は進まず?最後の杏仁豆腐だけ勢い良かったから、やっぱりちょっと辛かったのかな?
まぁ、みんなでわいわいやってるだけで気分が持ち上がることもあるし、これはこれでまぁ、いい感じだったのではと.

しかし、かとちぇとかまたくんは、本当に相思相愛.この二人が揃ってキャッキャやってるのを見てると男の子同士というより、女友達みたい.いつまでも楽しそうにやってるの.これ見てるだけでこっちまで楽しくなってくる.

楽しい夜でした♪

実は今夜の顔ぶれ、来週一緒に沖縄へ旅するメンバーだったりして.(みゆきちはお留守番ね)
Img_0765
カトチェとかまたくんはサイクリングイベントなのにTT練?とか言ってるし、まったくどうなることやら心配ですが(笑)きっと彼らが一緒なら楽しい旅になることは間違いないだろうね.
よろしくおねがいしますの♪

2012年3月16日 (金)

のー通信2012 シンシア植え付け

明日からはまた雨の予報.ここまで発芽待ちに天気読み、で結構長いこと待たせてるシンシア.
もう植えてしまおう.明日の雨が上がって、さらに土が乾くまで待ってたら4月になっちゃう.収穫が梅雨時期にかかるのはイクナイ!(芋が腐るからね)

ということで、思い切って種芋を土に埋めてきました.
今日、日付が変わる頃から雨が降ると言っているので、もう「どうにでもなぁーれ」的です.

神様.どうか私に美味しいシンシアを食べさせてください.

漁港だいすき 28.5km(ミニベロ)

良い天気、なのはひとまず今日まで、という予報.
やらなければならないことはじゃがいも(シンシア)の植え付け.
やりたいことは塩辛の仕込み.

どっちを先にしようか…あまり早い時間だとまだ土が暖まってないからなぁ…ということで、漁港へイカの買い出しへ行くことを優先することにした.昨日までの3日間で身体を(私にしては)酷使していたので今日は休息日、のつもり.
なので片瀬江ノ島漁港まではミニベロで.
スカートにスニーカー、ニットキャップに大ぶりのサングラス、という、靴だけ長靴に履き替えたらそのまま畑へ行ける格好でゴー.
ミニベロの良いところはこの気楽さ.アップライトなポジションでらくらく〜と漕いで行く…つもりが、いつの間にか境川CRを一生懸命漕いでいた(笑)
ただ、追い風が楽しかっただけ、なのだけれど.

Img_0757
午前9時半すこし前、片瀬江ノ島漁港へ到着.平日だけあって、行列はなく、すぐにカゴを渡される.この朝市ではカゴを手に持っている人だけが買い物できるシステム.カゴの数はおそらく15個くらい.会計を済ませてカゴが空いたら、それが並んでいる人に渡される、という流れ.

今日のお目当てはイカ.自作のイカの塩辛を仕込んでみたくて肝が大きいスルメイカを狙っていく.がしかし…ポップはあるのにスルメイカがない.モンゴウイカとかヤリイカ、マルイカ、スミイカはあるのに…売り場のお兄ちゃんに聞くと、スルメは売り切れだね、と…

なんとー.残念である.しかし、塩辛であまったイカをトマトソースで食べたい、とも思っていたのでやはりイカは買って帰りたい.
Img_0754
小降りのヤリイカ(230円/100g)を勧められるままカゴに入れた.そして、小さな袋に5杯ぽっち入ったマルイカを.合わせて450円なり.んーーー.思ったより高い?
ヤリイカってヨーカドーで660円とかだったから、きっとこれでもお得なハズ…いつもイワシばっかり買ってるから、漁港の値段=イワシ(ザル1杯200円)になってる私の値ごろ感がたぶん低め設定なんだろう.

持っていった100均クーラーバッグに氷とイカを入れて、フロントバッグへ.
Img_0756
ミニベロが便利なのはこのフロントバッグ.サガミサイクルで2000円で買ったんだけど、自転車ともピッタリの赤で超!お気に入り.

陽射しは日に日に力強くなり、春を感じるのですが、風はまだまだ冷たい.朝の空気の冷たいうちに急ぎイカさまを運ばねば…だがしかし…向かい風に阻まれる.
ここで昨日までの蓄積した疲労がじわじわと効いてくる.くっ、くるしい…途中、ジュースを買って血糖値アゲ.何とか帰還、28.5km.こんなに苦しいなら心拍計つけて行けばよかったな…(消費カロリーが見たいだけ)

ひと呼吸おいて、さっそくニンニクと葱を切ってオリーブオイルでじっくり炒める.サッと水で流したマルイカを合わせ、冷凍トマトソースをポイと.鍋の蓋をしてしばし待つ…
Img_0758
できあがり.もう、たまらない美味しさ.

本当ならパスタでも茹でて、一緒にいただきたいところですが、今朝焼いたパンをちょっと食べ過ぎていたので炭水化物は自粛.がまんがまん.
でも、このイカだけで十分うまい.トマトソースもいい味.塩すら入れてない.本当に素材の良さだけの味.サイコウ.

そして、ヤリイカは夕飯に.
ぎゅんたインスパイアで【イカネギスジコン】のスジ抜きをやってみようかと.コンニャク買ってきて、畑のねぎとヤリイカで塩こしょう炒め.
Img_0763
めちゃくちゃうまい.かなり大盛りになっているのはコンニャクを一枚まるごと使ってしまったせい.あとはネギ2本.イカ1杯.塩こしょう、だけ.シンプルイズベスト.新鮮なイカだから、内蔵も丸ごとぜんぶ入れました.卵も持っててイカスミが絡んで…あぁ…(遠い目)
ビール飲みな方にオススメです.(私は飲酒の習慣がないので、お酒なしですがw)

同じイカでもまったく違う楽しみ方.2種類.
たぶん、カロリーもそんなに高くないから、ダイエッターにオススメだよ.お肉に負けないくらい『食べた感』あるし.

また近いうちに漁港再訪して、スルメイカゲット手に入れて塩辛やってみたいなー.
自転車での買い出しは気温が低いうちしか無理だからね.

2012年3月15日 (木)

盆栽ランチライド 98km

走ってる最中ってtwitter見られないんだけど(←あたりまえ)、休憩のタイミングでチラっと見た瞬間のタイムラインにタイミングよく飛び込んできたネタを細かく拾うの巻.

一昨日、湘南でランチ難民になってる最中だったっけ.

千駄ヶ谷の番人、もじゃもじゃハンサムボーイたみさんと自転車界きっての男前の呼び声高いきぃさんが盆栽でランチですと?!これは面白そうだ.東京まで乗れば往復で100kmくらいは走れるし.(。・ω・)ノ゙ 行きます!と.

集合は午後1時.通勤ラッシュが一段落した午前10時出発.
都内向きは信号が多くて、小田原行くのもほぼ同じ45kmなんだけど、かかる時間はプラス30分.ということで、2.5hと休憩分で約3時間あれば余裕あるかな、というのんびり読みで.
まぁ、乗れてる時期は都内だと2時間半で到着の時間読みをするのですが…何ぶんずいぶんサボってデブってしまったもので.

あまり無理せず、脂肪燃焼目的LSDのつもりで…と思うんだけど、向かい風がキツイのと昨日のランのダメージで脚がうまく動かない…上り坂の度に腹筋まで動員する始末で苦しい苦しい…ほとんど平地なのに.乗ってないとこんなに苦しいものなのかぁ、とかなしくなる.

千駄ヶ谷の盆栽自転車店に着いたのは一番乗りだったけど、時間は13時ギリギリだった.ぜんぜん余裕じゃない…なんか胸が苦しいし.

盆栽自転車店はナツキちゃんと吉田さんの若いご夫婦でやってらっしゃるカフェ併設の自転車屋さん.いつも美味しいコーヒーを飲みながら、グダグダとトークを楽しんで帰る、みたいな自転車乗りの憩いの場になってる.
このお店が面白いのは、ここ行くと居合わせた見知らぬお客さんとも、バーテンダーのような吉田さんを通して話が盛り上がるのね.彼はいつもとってもお洒落で、お店で扱う商品ひとつひとつ拘って選んでらっしゃるグッドバイヤー.
女将バリスタナツキちゃんは着物好きでもあって、決して両立することのない自転車と着物の話でいつも盛り上がる.すごくかわいい女の子.

肝心のもじゃもじゃハンサムボーイと男前の写真を撮るの忘れましたが、ナツキちゃんが淹れてくれたカプチーノはこちら.
Img_0748
左上がちゅなどん.右上がたみさん、下がきぃさんね.って似顔絵って訳じゃないけど.でも3人分、違う絵を描いて楽しませてくださるナツキちゃんグッジョブ!

一日6食限定?!(食べ終わってから黒板見て知ったw)のバケットサンドはこちら.
Img_0749
パリっとした皮の歯切れの良いパンにクリームチーズ、トマト、オリーブオイル.いやー.美味しいわー.シアワセです.
たみさんときぃさんのお二人は普通にお仕事中のランチタイム.短い時間でしたがあれこれ話し、楽しく過ごしました.ありがとうございました.眼福.

さて、帰り道.
北風はより強くなり、これは…帰りはらくちんだぜ( ̄ー ̄)ニヤリ とほくそ笑んだものの…
概ねらくちん、ときどき横風に吹っ飛ばされそうに、という難局を乗り越えての帰宅.100kmいかなかったけど、まぁほぼ100kmの98km.ここであと2km、とやらないのは、もう…疲れちゃったからだよ!(´Д⊂グスン

ガミコさんによるとこの3日で3000kcal燃やしたらしいですが、運動慣れしてない今の身体には負担になったようで、口の端が切れました.ヘルペスとは違うけれど、こちらも疲れたときになるやつ.

脚はマッサージとストレッチで何とかなるけれど、問題はケツ(失礼)筋.もうカッチカチでどうにもこうにも歯が立たない.100均のテニスボールじゃ割れちゃって使い物にならなかったし.ここはやはりとみざーの勧めに従って…ゴルフボールいくか.(痛そうすぎる)

明日は身体を休めようと思います.ふぅ.

2012年3月14日 (水)

太るのは簡単なのに、痩せるのは…

まったくもって、難しいことで.

先週、天気が悪くて一週間まるまる運動しなかったら、せっかくその前までコンスタントに走ってて少し痩せてきてたのに、見事にリバウンド…orz

昨日自転車で1000kcal、今日ランで840kcal使ったけれど、脂肪1kgのエネルギー量は7200kcal.
しかも、ごはん食べてるからその分は差し引かなきゃなんないし.
運動してる分、やたらとお腹は空くし.

はぁ…( ´・ω・`)

翌日に疲労を残さない程度に運動して、あとはなるべく無駄なものを食べないようにしないと…ってわかっててもダメなのよぅ.甘いもの欲しくなるし、あったらつい、つまんじゃうし.
でも、このままじゃいつまで経ってもみんなと走れないしな.あーるしすも平地専用じゃかわいそうだしな.

やっぱりここは頑張らなきゃね.

鎌倉ラン(トレイル含む)25km

今日は思わぬお休み.さて、何をしようかと考えた.昨日は自転車乗ったし、今日は畑かランか…洗濯物を畳みながらストレッチしてる時点でもう走るつもりだったのかもしれないけれど(笑)心拍計をつけ、ガーミンのガミコさん(edge500)を背中のポケットへ放り込み、準備完了.

私が走るときの格好はほぼ自転車と同じ.レーパンがタイツになるくらい.あ、メットも被ってないけど、サイクルキャップのことも多い.自転車ジャージの背中のポケットは走るときにもとっても便利.脱いだウィンドブレーカーも畳んで入れられるし、お小遣いを入れたジップロック(これも自転車仕様のまま)だって入る.

10kmの距離なら走れることがわかっているので、今日はそのままトレイルに入ってみることにする.トレイルラン、これはやってみるととっても楽しい.山の中を走るんだけど、自分が野生動物になったような気分になって新鮮.北鎌倉の明月院の奥の住宅地から【天園ハイキングコース】にエントリー.
急な坂を上りきって、住宅の脇を入っていくと…
Img_0741
いきなり山道.だがここはとっても急で走れない.というか、だいたいここまで10km走って来てるので、もうかなりヘロヘロ.補給はなにも持って来てないし、とりあえず、頂上の小屋までは行くしかない.

まだうまく鳴けないうぐいすの声を聞きながら、静かな山を行く.入ってすぐのあたりは上りも下りも急で、早歩きくらいでも息が上がる.後でガーミンのログを見ると、歩いているだけなのに心拍156bpmとか.

疲れてるのわかってて無理して走ると、木の根っこを引っ掛けたり、堆積した落ち葉で滑ったりしそうなので、今日は無理せずに.走って気持ち良さそうなとこだけ軽く小走りで.

Img_0742
鎌倉市内で一番標高が高いと言う大平山のてっぺんに到着.この場所は鎌倉カントリークラブというゴルフ場のクラブハウスの裏というロケーションで、興ざめする、という声多数なのだけれど「そっちは見ないフリ」することにして…(笑)
昨日は海行ったから、今日は山、ってわけじゃないけど、山も気持ちのよいものです.どっちも楽しい鎌倉ばんざい.

このちょっと開けたてっぺんの広場ではハイキングのみなさんが思い思いの場所でお弁当タイム.うらやましい…お腹がぐぅーと鳴りそうだ.もう脚にちからが入らないよ…( ´・ω・`)

ゆっくり歩いて小屋で何か血糖値が上がるものを…
Img_0743
手っ取り早いのはジュースかな.ミニッツメイドのフルーツジュースを自販機で買って、ほぼ一気飲み.これが切れる前に山を下りてランチにしよう.
このジュースのおかげで再び脚にちからが戻り、気持ちよく走って瑞泉寺へ下山.ふー.疲れた.

Img_0744
鎌倉宮の鳥居は白と赤に塗り分けられて、金モールまでかかってる.ちょっと珍しい.そして門前の桜.色が濃くてちょっとかわいい花ぶり.
ランチを食べるまでは極力消耗しないように…と走らずに鎌倉の町中を目指して歩き始める.頭の中ではお昼に食べられそうなあれやこれやが浮かぶ.一番近いのはベルグフェルドのパンか…

と思ったら!岐かれ道(わかれみち)の信号のところにビゴの店を発見!なに?こんなトコにあったっけ?もうフラフラと吸い寄せられまして…クロックムッシュとオレンジピールとくるみのパンを買って、イートイン.ランチにするのはクロックムッシュだけにして、オレンジピールとくるみのパンは持って帰ろうっと♪

・・・ま、結果は想像つくと思いますが、えぇ.2個とも完食しましたとも.

帰りは鎌倉駅から横須賀線で戸塚まで帰ろうとしていたんだけれど、もうね、わたし、ここで電車に乗ってしまったら、今日ここまで走ってきた意味がなくなる(カロリー的に).

「食べた分は燃やさねば」

店を出て、再びガミコのスイッチをON.食べてすぐ走っても大丈夫なのか?とちょっと不安に感じつつ、走り始めた.交通量の多い鶴岡八幡宮の外周を避けて境内を通り抜けさせてもらって、建長寺の坂.ここは自転車でもランでもきつい.
大船まで意外と近く感じ、あとは柏尾川を上流へ.最後の1kmくらいはもうやめようかと思ったけど、何とか決めたとこまでは走りきった.トータル25km.

Img_0746
山区間が約4kmなので、実際ちゃんと走ったのは20kmってとこかな.
途中、休んだし、ランチも食べたけど、一日20km走れたのはこれで2回目.次は休憩を短くすることと、少しでも距離を伸ばすことかな.

帰ってきてガミコをMacにつないでデータの取り込みとアップデート.昨日、うまくいかなくて、解決しないままだったんだけど、今日は上手く行った.よかったー.
シャワーして、ストレッチして、マッサージして…寝落ちしそうになったけど、なんとか晩ご飯も自炊した.えらいおれ.

しかし、この倍の距離、走れるようになるんかな…
両足とも、母指球には水ぶくれができたし、右のかかとのうしろ側が痛くなったりしてるし、ケツ(失礼)筋なんて自転車で使うトコとは全く違う筋肉が硬くなってるし…

ま、やってみるけどね.

2012年3月13日 (火)

湘南ランチ難民ライド 86km

朝からとってもいい天気.シャワーしてそのままジャージに着替え、やる気.
猫の世話を終え、洗濯物を干したらレーパン穿いてゴーゴー♪

ボトルにはブラックのホットコーヒー.ボトルケージにはユニクロのダウンを押し込んで.今日はサブウェイかミラノサンド、もしくはそれに準ずるもの.すなわち『美味しいパン屋さんのサンドウィッチ』で海沿いのどこかでピクニックのつもり.この間、小田原でもそーゆーのがしたかったのに、寒くて辛くて即撤収したからね.もう一度、最初からやりなおしだ.

三浦の充麦は火曜日お休み.だったらやっぱり小田原か…と西へ進路を取る.海沿い134号、砂防林の切れ間から見える海は穏やかでキラキラだ.だがしかし.
Img_0728湘南大橋を渡った辺りから先がどえらい渋滞.工事で一車線減って、路肩もなくなっているので、自転車も車と同じペースでしか進めない.むー…これは…
おまけに相模川を越えたら空気が違う.気温、下がったみたい.今日は小田原はやめだな.
花水レストハウスでお昼の時間になっちゃったんだけど、ここは持って来た信玄餅で持たせることにして、折り返して逗子のあたりでパン屋さん探すことにしよう.そうしよう.

花水を折り返す.
やはり、相模川を渡ると気温が上がる.ぽかぽかと気もちいい.
Img_0730
春の海.きらきらと輝いていてとてもきれい.(写真は鎌倉高校前あたり)

鎌倉を過ぎて材木座で裏通りへ入り、GAMAパンへ.…休みである.まぁ、そんな気はしてた.この店は週休3日だから休みに当たる確率は高い.次だ.次行こう.材木座のトンネルの上りを23Tで行くのはキツいが仕方ない.逗子へはこれが一番近道のはず.渚橋の手前の信号を裏へ入り、わかなぱんへ.…ここも休みか… あとは…葉山のブレドールもサンドイッチ美味しいよなぁ.でも休みだったらあそこまでちょっと上ってるし…手のひらサイズのグーグル先生(iPhone)で調べてみることにした.こちらも火曜日定休.むむむ.それでは逗子駅の方へ行き、先日ながしさんに教わったES(エス)というパン屋さんへ行こう.

【定休日 月曜日】と書いた立て看板がドアの中にある.それなのに…

なんで閉まってるんやーーーーーーヽ( )`ε´( )ノ

もう私は完全にランチ難民となった.
かくなるうえはドトールしかないな.グーグル先生は新逗子駅にドトールがあるとおっしゃっている.ヨロヨロと自転車にまたがりJR逗子駅から京急新逗子駅へ.お店はすぐに見つかり、ミラノサンドBをテイクアウト.サコッシュへ放り込み、最後のちからを振り絞って葉山を目指す.

Img_0732葉山公園です.
ここ、本当に好きな場所.特に今日みたいな日は最高.江ノ島が見えて、その向こうに富士山が見える.
砂浜もあり、近くに磯もある.大船に住んでいた頃から、ここには本当に良く来てた.

空いている東屋に腰を下ろし、念願のランチタイム.
Img_0734
390円で超しあわせ.コーヒーは冷めちゃってたけど、今日はぽかぽかと暖かいから全然へーき.
そうそうこれこれ.したかったのはこういうランチ.のんびりと波の音を聞きながらね.ミラノサンドBも煙草のニオイがする店内で食べるよりも倍以上美味しく感じようものだわ.

Img_0736
ここに着いた時、まだ下のほうは見えていた富士山.みるみるうちに雲が湧いて、すっかり隠れてしまった.あの辺り…箱根か…小田原か.
おそらくあそこで暖かい空気と冷たい空気がぶつかって雲ができてるような感じ.なんか勢いが違う.
今日は花水で引き返して正解だったな.ランチ難民にはなったけど.寒いよりはいい.

Img_0735
食後、ちょっとごろーんとしてみたりして、陽気を楽しんでいたんだけれど、やっぱり少し冷たい風が吹いてきた.
あの雲がこっちに来ないうちに帰ろ.

三浦半島をもう少し南下して、横須賀まわりで帰ろうかなとも思ってたんだけど、欲張らずに撤収.海沿いを走って、江ノ島から藤沢を抜けて境川へ.

Img_0739
毎年、早咲きのここの梅.今年は遅い.
そして、毎年早咲きのここの桜.今年も変わらず早い.
ということで、梅と桜、ともに3分咲き.

帰宅する頃には空は黒い雲に覆われていた.
シャワーしようと着替えを上の部屋へ取りに上がったら、ぽつぽつと天窓に雨.

セーフ.距離短かかったけど、欲張らなくて正解.

2012年3月12日 (月)

明日は自転車に乗るぞ と決めた

明日は自転車に乗るぞ、と昨日の夜、せっせと準備を整えていた.
準備って…いっつも自転車乗ってるやん…とツッコミが入りそうだけど、ちょっとだけ手入れをしたり、新しいアイテムを導入したり.今シーズンも楽しく自転車に乗り続けるためのマイナーチェンジ?を施した.

まずはバーテープ.sramのカエル模様のバーテープはもうとーっくの昔にカエルははげ落ちて、ただの黒っぽく汚れた(元は白かったはずの)ハンドルバーとなっていた.きちゃない.
昨年、誕生日にタカヲちゃんからピンクのバーテープを頂いていたんだけれど、なにせ自分でバーテープを巻いたことがなく、これは自分でできるものなのか…失敗したらやだなぁ、となかなか手をつけられずにいた.とはいえ、いつまでもそんなことも言ってられないし、まさかバーテープ持ち込んで自転車屋さんで巻いてもらうわけにもいかないし.FBでともにゅの一言に背中を押されて、仲沢さんには脅され、服部さんにはアドバイスをもらって…(みなさまありがとう)ようやく重い腰を上げて巻いてみることにした.

初めてだったからあんまり上手にできてないし、後からよく見たら”なんか違う”感じになっちゃってるんだけど、とりま、汚くてやだな、と思ってたバーテープがキレイになっただけでも気分がよろしい.
ついでに、と深夜までチェーンとカセットを洗い、フレームを拭き上げ、なんだか久しぶりに自転車がペカペカになった.

して、新しいガジェットの導入である.
あきらがwiggleでお買い物するついでがある時に、とお願いしていたGarmin edge500.先日、苗場でブツを受け取って、自転車をきれいにしがてらこちらをインストール.
Img_0727ほんとは心拍計のベルトなんてsuuntoのが流用できればそれでいいのよねー、なんて思ってたんだけど、あっちはANT規格で、garminのANT+の規格では使えないと(あきら調べ)いうことで、結局『全部盛り』のセットで届いた.よって、スピード&ケイデンスセンサーも後輪で拾う用のものをとりつけ.

edge500は使ってるお友達みんなが「イイ!」だの「楽しい!」だの.悪い話を一度も聞いたことがなかったアイテムで、実はデータ見るのが大好きな(分析とかはしない、てか、できないw)私としては、もうずっと欲しかったもの.昔は筐体の色が白×青しかなくて、私の自転車には合わないなぁと思ってたんだけど、新しく黒×赤というのが発売されて、私は迷わずこちらをチョイス.

そしてとどめはチューブレス化したアールシス.
ずいぶん前にかまたくんがぜーんぶやってくれてたんだけど、バルブが超短くなっちゃって、私が持ってたフロアポンプじゃ空気が入れられないという罠にはまり、ずっと使えてなかったもの.
ようやく盆栽さんで口金を入手してどらちゃんに作業してもらい、めでたく使えるようになりました.
ロードとミニベロ兼用にしてたフロアポンプがこれによってミニベロで使えなくなるので、さらにもう一つ、フロアポンプを買うハメになったんだけどね.一家に2台.一人で2台もフロアポンプがあるのです.我が家.

あーるしすのカセットは沖縄行ったときのまんま.11-23T.回りの軽いあーるしすならいけるか、と私にとってはちょっと無理目の設定だったんだけど、沖縄前はしいたけ村もこれで走ったし、沖縄もこれでそれほどキツくはなかった.ほんとは11-25Tの方がいいんだけど、何せzondaに付けてるカセットが固着して外れなくなってるので換装できない.(私の自転車こんなんばっかり)だから、まぁしばらくは(私の身体が軽くなるまでは)このホイールは平地専用.(もったいない)

とまぁ、あれや、これや、と自転車に小回り変更を施してやる気を出す作戦(笑)
これで、今シーズンもそろそろ自転車スイッチが入るかな.明日は自転車に乗るぞ.ぜったい.

のー通信2012 アンデスレッド植え付け

部屋で芽だししていたジャガイモ2種類.アンデスレッドのほうはもういつでも植えられるくらいたくさん芽が出ている.

早く植えたい…

そう思いながらも、休みとなれば雨.この春、というか、まだまだ寒いから冬か…は雨が多い.晴れの日が続かず、雨が降ると延々と止み間のない雨となる.じゃがいもを植え付けるにしても、あまりに土が濡れていると掘っても乾いた後土が締まってしまい、じゃがいもにとっては根を伸ばしにくい土になってしまいそうでなるべくなら少しでも水分が少ない状態で植え付けたい.(芋自体が水分で腐ってしまう心配もしなければならなくなる)
だけど、そんなことを言っていては、いつまでも植え付けられない…もどかしい.

そして、うまく植え付けて芽が出たとしても、霜が降りてはせっかくの芽が全滅してしまうというジャガイモ自体の弱さもあって、霜の心配がなくなる頃に植え付ける、というのがセオリーなのだけれど、この春、というか冬はなかなか暖かくならず、低温や霜の心配もあるから、本当に、なかなか植え付けられない…もどかしい.

本当にもどかしい気持ちでここ数週間を過ごしたのですが、ようやく今日、雨のあと丸一日をおいて畑へ行ってきました.
Img_0725
先だって準備しておいた場所をもういちど鍬で軽くほぐして種芋をポンポンと…

アレ?ひと畝で15個植え付けるつもりだったのに、株間をとったら…4個余った…仕方ない.シンシアを植えるつもりでもうひと畝立てておいた隣の列に余った4つを植え付けた.が、しかし、シンシアどうする?シンシアも種芋切って増やしたから、20個近くあるのに…種芋余らせることほど勿体ないことはない.…1、2、3…目測で植えられる芋の数を数える.シンシアは株も大きくなるから、やっぱり場所が足りない.

これはどうしたものか.そうだ、あそこがあるじゃないか!…( ̄ー ̄)ニヤリ

Img_0726
雑草は生えているものの、手つかずで放置してあった空き地24番(友人が借りている)の草をとり、少し残っていた肥料を入れて、土をほぐす.
よし.シンシアちゃんはここで育ってもらおう.6月の収穫までお邪魔しますね!ありがとう♡

ということで、シンシアは今週金曜日に植え付けの予定.
シンシアという品種は芽がなかなか出ないから長期の貯蔵に向く品種.一人暮らしで大量に芋ができても食べるのに忙しいようでは困るので、このシンシア、とっても重宝しているのですが、なにぶんその特性だけあって、なかなか芽が出ない.種芋としてはとってももどかしい品種.さらに芽の数も少ないから、芋を切って種芋を増やすのもせいぜい1個を二つに割るのがいいところ.芽の多い品種だと大きめの芋なら3等分くらいにできるんだけどね.

今年初挑戦のアンデスレッドはレッド、とつくけれど、赤肉ではなく、赤皮の品種らしい.味が良いらしいのでちょっと期待している.たくさんなってくれたらいいなぁ.

2012年3月11日 (日)

消化試合的にMt.Naeba

先月、湯沢へ行った.大雪で前夜から60cmも積もったという日だった.コンビニで【かぐら・みつまた田代・苗場】の共通リフト券を買おうとしたら、なんと、送電線が切れ停電、とかで上に上がってもゴンドラに乗れないと言う.
仕方ないので、コンビニでは苗場単独のチケットを買って苗場でお茶を濁そうと、チケットブースでリフト券に交換しようとしたら…なんとこちらも、雪と風でゴンドラが運休.プリンスホテル前のリフトが2本動いているだけだと.

それはない.ないない.
(リフト混む、ゲレンデも混む、ボード多い、いいことない)

ということで、湯沢を諦めて水上へ移動.その日はスノーシューを皆で楽しんだ.

そんないきさつがあり、苗場のコンビニチケットを余らせていて、何とかこれを春スキー料金になる前に消化しないと損きりになってしまう…というケチな動機で無理矢理、今日行くことになった次第.はっきり言って、消化試合みたいなものである.

私は前夜からミニベロ本のインプレを書き上げる作業に入っていて、移動の車で寝る前提.(=徹夜)ま、時間的に余裕を持って書き上がってデータも送ってあったんだけど、中途半端にベッドで寝てしまうと却って辛いから、シャワーしたりストレッチしたり夜更かし組とツイッターで遊んだりして出発時間を待った.

迎えの車が時間に来なかったりというちょっとしたトラブルはあったし気持ちよく出発とは行かなかったけれど、とりあえず睡眠を確保せねば、ということで車中で爆睡.気がついたら三国峠.横浜ではどんより曇ってた空が明るい.それだけでちょっと気分がアガる.(単純)

苗場に着くと、日帰りセンターハウスは人でごった返している.ボードの若い男女が多い.苗場っぽいなー.置いてある板もレース用よりレジャー用の板が断然多い.私の中での勝手な苗場のイメージは【チャラい】の一言につきる.ユーミンのライブが今でも毎年行われていると言う苗場.その時期になると、かぐら山頂のレストランにドラゴンドラに乗ってわざわざ『ユーミンスペシャルメニュー』のランチをピンヒールのブーツで食べにくる女子が後を絶たない.そんなイメージ.これにはもはやスキーもスノボも関係なしかよ.とツッコミをいれておきたい.

実際、今日も滑り出しから私の勝手なイメージは裏切らない.

マナー無視のスノーボーダー大杉.他のスキー場で減ったなと感じていたスノーボーダーはみんな苗場に流れてたのか?と思うほどの数.転んでそのままコース上に座って談笑…はコース幅の狭いここのゲレンデでは勘弁してほしい、というシチュエーションに多数遭遇.
こっちのスキルだけに頼って無事故を実現するありさまで非常に疲れた.
基本、大らかに受け流すわたしが珍しくこんななのは、ただ、寝不足だから、というわけでもないと思う.それほど目に余るものだった.

今日はこれまでちゅなどんのMP-Xを貸し出していたかおりんがSALOMONの24hoursをシェイクダウン.いいなぁ.新しい板♪都合1シーズンでめでたくステップアップしたことになるのかな.よくがんばりました.最初は機材の重さに脚が負けてなかなか思うように乗りこなせず、ゴンドラ2本でぐにゃーっとなってたけど…慣れればきっと大丈夫.がんばー.

私も次、もし板とブーツ買うなら、ドーベルマンのフレックス100と24hoursのS5かLMって決めてるんだ♡

ボトムはもう朝から気温も高く、雪は間違いなく緩む気配濃厚なコンディション.見るからに重そうなんだけど、ここの雪は不思議でつるつるとよく滑る.これも雪質なのかな?なんか混ざってる?と思うほど.ワックスいらずというか.山頂付近はさすがに気温低めで雪もまし.ただし、下はガリガリ、というやっぱりそれほど滑り易いわけでもない.コースレイアウトはこれまた初級か上級(しかも非圧雪)という極端な構成で、中級、としてあるところも抉れて結局コブっぽい斜面となっていて、これは…今でこそ気にせず滑りますが、気持ち良く滑れるかと言うと、そうでもない.しかしどんな斜面でもうまく滑れるようになりたい気持ちだけで、がんばる.

今年のはじめ、ニセコで滑ったとき、ちょうどレッスン中のグループを通りすがりに目の端で見ていたら、インストラクターが「ストックを突いて、身体は遠くへ」と言っていた.それをその次の一本で試してみたら、なるほど.きれいに板が回る.

結局、今シーズンのスキーで新たに意識したのはこれだけだった.

少し急な斜面でも、身体を遠くに出すことで移動距離が稼げる(ひとつのターンで落ちる距離は少しで済む)ことで、時間稼ぎができて比較的ゆったりと落ち着いてコントロールできることがわかったので、斜面に対する順応はまた一段階上がったような…気がする.

人に教わっていないと、「気がする」という理解が「気がする」から進まないのが難.

気がする、を何度も積み重ねて、自分の中で確定させるにはそれなりの本数を滑るだけの時間が必要.しかも、同じような斜面、同じような滑りができるわけでもないのでこれがまた難しい.
今年はスキーを始めて以来、初めて先生不在のスキー.今日はしみじみ「今年は上手くならんかったな」ということだけが心に残った.

苗場では14時46分には場内の放送がすべて切られ、1分間の黙祷の時間が取られた.私たちはコース脇で黙祷を捧げた.

晴天だった午前中から一転して午後、チラチラと降り始めた小雪はみるみるうちにモサモサになり、視界が悪くなるほど.ランチの後、しばらくは滑っていたけれど、だんだん膝が痛んできた.さすがにこの重い雪で全部まともに滑ってたら、かかる負担は半端ないはず.
滑ってて楽しいコンディションなら多少の無理もするんだけれど、寝不足なだけでもあまりよろしくない状態.これは一瞬の気のゆるみで怪我になりかねん、と大人の選択.
みんなより少し早く上がることにした.

苗場には、よほどの理由がないともう行かないと思う.

こんなこともしています.

昨年末に発売された【折りたたみ自転車&スモールバイクLife5】(辰巳出版)http://www.amazon.co.jp/dp/477780982X

こちらの本の、身長別インプレッション、というところ.ニッポン全国の身長150cmの人を代表しまして、僭越ながらわたくしちゅなどんがたくさんの小径車を試乗して、その感想を述べさせていただいております.

今年もまた小径車のインプレライダー(?)としてお声がかかり、先日、試乗と撮影に行ってきました.
Img_0675こんな感じで、この日は12台のミニベロを試乗.そして、用意された用紙に印象に残った箇所とか、ポイントになるようなところを探して見つけて、メモして…ということを繰り返します.
12台、全部乗ります.身長180cm、160cm、の人とやりくりして、撮影、試乗をするので、これがなかなか時間がかかるのです.
シートポストがクイックレバーになってないものもあるので、みなさんポッケにアーレンキー(6角レンチ)を持っています.私ももちろん…
Img_0690
いつもの、コレを持参.
普段、ロード乗っててこの携帯ツールを使うことって滅多にないんだけど、この試乗に行くときは本当に重宝します.

しかし最初につまづいたのは洋服.ロードバイクならレーパンジャージ、ヘルメット、サングラス、であんまり気にせず着るもの選べるんだけど…

最高気温16℃という予報.そして、本の発売時期からして『いかにも冬な格好はNG』とあらかじめ注意を受けていたので、軽めの服で行ったはいいけれど…
どこが16℃(最近、こんなんばっかり)…朝のうち、一瞬明るくなりかけて期待したけれど、その後、空は厚い雲に覆われて、気温は下がる一方.海風は冷たくて…もうね、これは自転車漕ぐしかないくらいの寒さ.人が少ないのを良いことに長い直線でケイデンス高めで回す.お、意外と走るんだ、ミニベロって.というか、そういったとこで個体差が出るんだな、と発見したり…

そしてさらなる敵があらわれた.…くしゃんっ

減感作療法を受け、アレルギー性鼻炎の症状などとんと長く出てなかったのに、明らかに花粉症とおぼしきくしゃみの連発.編集部のガールズも他のインプレライダーさんたちもみんなグズグズにやられた.ひえぇ.つつつらいぃ.

と、鼻水垂れながら乗り、拾ったネタをお家でまとめてカキカキ…大した文字数ではないんだけれど、なんかいろいろ考えながら書くのは楽しい.この自転車のオススメの使い方、とか.
ミニベロ欲しがってるお友達に勧めるならどれかなーとか想像しながら.
そんなこんなで、今回も書き終わりました.

また発売日が分かったらお知らせしますので、ぜひご覧になってみてくださいませね.
靴下だけ(分かる人にはわかる)ロードバイク乗りが主張しています(笑)よろしくw

2012年3月 9日 (金)

ちょっと春っぽく

今日も朝から冷たい雨.3月なのに春がまだまだ遠く感じる今日この頃.
せめてblogのデザインだけでも春っぽく、と思い、久しぶりにデザインを変えてみました.

桜と満月.来月の今頃は満開の桜が楽しめるはず.
そうじゃないと困る.

2012年3月 7日 (水)

ツール・ド・伊豆打上げ+木祖村決起集会

Img_0698
今回の参加者は大阪、名古屋、熱海、神奈川、東京から集まった16名.平均年齢は42.6歳.
下はアキラの37歳、上は仲沢さんの52歳の(京都風に言うと)おにぃさん、おねぇさんが酔ってたかって飲み、食い、楽しみました.
毎度のことですが、なんなんでしょうこの楽しさは.

19時半スタートと言いながら、19時には先頭集団がこの日最初の乾杯.
Img_0691
この日の『一番乗り』はアキラとちゅなどん.テツヲの一番乗りを阻止( ̄ー ̄)ニヤリ
たぶん堀さんは早めに着いちゃった、と思っていたのに来てみたら始まっちゃってびっくりしたんじゃないかと思う(笑)すいません.うちらいつもこんな感じですw

このお店(渋谷 麗郷)の名物メニューの腸詰、旨し.
Img_0692
他にもビーフンや蒸した豚肉、にんにくの芽のあんかけなど、どれを食べても美味しかった.アキラ、お店のアレンジありがとう!
けど、食べるのもそっちのけで、飲んで喋って笑って、忙しかった.ずーっと誰かの声がしてた.たのしい.
テツヲは最近、タカヲちゃんをつかまえてはダメ出しするのが楽しくて仕方ないらしい.タカヲちゃんも大きな身体を小さくしながら嬉しそうにしている.

Img_0694
第2回ツール・ド・伊豆チャンプ 堀さんは両手に花.あゆかの赤いビームの祝福を受ける.
この日、あゆかはこの宴に参加するために、朝6時に自転車で名古屋を出発し、迷走含め170kmを走破して輪行で渋谷へ.我らの誇れる女子である.

Img_0695
そして、誇れる女子がもうひとり.夜のレースを一本牽きのしもむー.なんとシマノブランドの靴で寒川から渋谷まで.茅ヶ崎に自転車を置いて、盗難防止にホイールを外したそうな.道玄坂をゴミ袋に入れたホイール片手に歩く、それがしもむーである.

Img_0696
大阪に出張してたのに「どうしても参加したい気分」と遅れながらも駆けつけたおがわまこと.いつも通りねこちゃんのような愛くるしさ.(中身は40歳の【おにぃさん】だけどね)

噂では来年のツール・ド・伊豆にはあのイナーメのタカオカさんが参加するやも、とか、シナジー(あ、イナーメ?)のポールも来るかも、とか…なんだかもう、大変なことになってしまう予感がひしひし.第1回の勝者テツヲと第2回勝者堀さんは、コソコソと来年の作戦を立てていた模様.
ツール・ド・伊豆に参加する選手のみなさんは沖縄が終わっても、オフシーズンなどと言ってる場合ではなくなるわけですね.あー…想像するだけで…きっつー…(私は見てるだけですが)(笑)

今回の宴はツール・ド・伊豆でかかった費用の精算が主な目的だったのですが、5月に行われる2day race in木祖村のストーブリーグも何となく一段落した気配を受けて、決起集会、も兼ねることになりました.
集まった中の大半がチームは違えど木祖村への参加を決めていて、選手、サポートともにこちらも盛り上がりの気配が濃厚.いや、すでに盛り上がっている.
ちゅなどんにとっては2度目の木祖村.パインヒルズ+名称未定のもう1チームをサポートします.もちろん、チームは違えどみんな大事な仲間.みんな応援するよ!

いつも通り、後を引く楽しさ.いつまでも『楽しかったね』と反芻できるシアワセな宴でございました.
ご参加のみなさま、ありがとうございました.
今シーズンも怪我なく事故なく、楽しんで参りましょう♪

2012年3月 5日 (月)

自転車だけ、でもよかったんだけど

何となく、最近、走っています.自分の足で.

以前なら『走る(ラン)のも楽しいよ』とあゆかに誘われても「いやいやいやいやムリムリムリムリ」と5mくらい後ずさる勢いなくらい、考えられなかったことなんだけど.
自転車女子は意外と自転車だけ、ではなくてランもやる人が多いような気がします.あさひさんしかり、きょうこちゃんしかり、ペコちゃんもランツイートしてたな.

昨年、東北の震災が起こる直前くらいから、少し走るようにはなっていたんだけど、距離はぜんぜん短くて、ほんとお茶を濁すような感じ.で、震災のほとぼり冷めて、気持ちも上向きになってきた頃には自転車の季節が始まって、その後は自転車ばかりだった.

まぁ、それでもぜんぜんいい.自転車好きだし、楽しいし、仲間もたくさんできるし.だけど、200kmの距離も何とか走れるようになった今、あの『自分が成長してる実感』みたいな喜びはどうも感じにくくなってるのは確かで、自分の中で何かしら『伸びていくもの』を求める気持ちがないこともなく.

昨年末から生活のパターンが少し変わり、時間的な制約で自転車に乗れる日が減って、一日の中で運動量を確保する工夫の結果、走るだけなら走れるか、という選択でもあり.例えば1時間半のランチタイムのうち、30分(5km)なら走ることに充てられる、とか.そういうノリ.
たまにいろんな条件が整えば1時間(10km)走ることに充てられるし、それを積み重ねていけば、もう少し長い距離を走ったりできるようになるんじゃないかな…と.

大体、運動しないとどうなるか、というのはもうほんと嫌になるくらい身にしみていて、太るわ、肌は荒れるわ…ヒドイ.昔、松任谷由実が『汗は最高の美容液だ』とか言ってたの、あれホントだわ、と身を以て知るんです.この歳になると.で、時間使って汗かけない人はお金かけて高い化粧品を使う、と言うのが、世のキレイの内情じゃないかと思うわけです(除く若さ).

自転車で体力の土台がある分、最初は4kmくらいから始めたジョグも徐々に距離が伸びて、この間はじめて20km走ることができた.ほぼ、ハーフマラソンの距離.遠慮がちなペースだったし折り返し地点では飲み物買って休憩もしたけど.意外あっさり走れてしまって拍子抜けした.

さて、ここでやっぱり人間、欲が出ると言うか、自転車で培った妙な自信が顔を覗かせるわけです.

「そう言えばさー、自転車だって、最初は30kmがやっとだったのに、200km走れるようになったんだから、ランだって、続けていればそのうちフルマラソンくらい走れるようになんじゃね?」

成功体験って怖いですね.というか素晴らしいと思う.
例えば、何もないところから、いきなりフルマラソン走れるような気は絶対しないと思うんだけど、私の場合は自転車に置き換えて考えると、さも簡単に「うん、できると思うよ」と思えてしまうんだから.

走った距離をtwitterで呟いてたら、タカヲちゃんのお友達で自転車とマラソン両方やってる安富さんから「20km走れるんなら、フルマラソンいけるよ.湘南国際マラソン出てみたら」ってまるで見透かされたように返信があって、ぱちん、とハマった感じがした.

前に鈴木さんが湘南国際マラソンで自己ベスト出した話、そう言えばうなぎ食べながら聞いたっけな.コース、フラットだから、って言ってたな、とか.11月の1週目開催ってことはちょうど誕生日が近いな、とか.そうか、誕生日.今年は40歳の区切りを迎えるにあたって、フルマラソンに挑戦するってのは悪くないかもしれない.とか.

11月、ツール・ド・沖縄の一週間前にある湘南国際マラソンか…脚、回復するかな…なんて心配をし始めていたら、なんと今年はツール・ド・沖縄の開催が11月24、25日、と、例年より2週間遅くなることが発表された.おいおい.これはどっちも出られるんじゃないか?
心配したことが1日と経たないうちに解消されたこのタイミングの良さに背中を押された気分になっている私です.

できなかったことが、できるようになる、それが一番の楽しみであり、喜び.

ということで、自転車も乗りますが、自分の脚でも走ってみようと思う2012年です.怪我だけは気をつけよう.

2012年3月 4日 (日)

寒かった小田原 104km

目が覚めたらどんより曇り空.それでも天気予報では最高気温は9℃とあったから、まぁユニクロダウンのお世話にはならなくてもいいか、と、冬アンダー、夏ジャージ、の上にジャケットのセットで出発.

だがしかし…なんか寒い.もうお昼近いのに、9℃は嘘やな.
と思ったら、案の定、湘南大橋の温度計は6℃の表示.まあこの後多少は上がるだろうから…と追い風に乗って花水にも止まらずそのまま小田原まで一気ノリ.
国府津あたりからまたさらに少し気温が下がった感じ、さらに、酒匂川越えたら、風がさらに冷たくなった…話がちがーう(`Д´)

だけど、今日はレロワでサンドイッチ買うんだ.って決めてたので迷わずレロワへ.
これまで男性の店員さんしか見たことなかったのに今日は女子が二人でお店番.戸塚から来たって言ったら驚いてくれた(嬉しい).
Img_0658
レロワのサンドイッチってなんか割安感があるんだけど気のせいかな?これで350円だったんだけど.
ここのお店はイートインがないので、食べる場所探ししなきゃな.これまでは近所のセブンイレブンで飲み物買って食べてたんだけど、今日は保温ボトルにアールグレイ入れてきたからね.

と、お店からほど近い【御幸の浜】へ行くことにしたんだけれど…
Img_0657
工事中で鉄板敷きのなんとも殺風景な景色が広がります.が、そのおかげで自転車で進入できたので、しばらくいった先を海側へ降りて、腰をおろす.さささ、さむいぃっ.

何が嬉しくて私はこんな寒い日にさむざむとした浜辺でピクニックしてるんだろう.

しかし暖かいお茶が癒してくれるはず…と頼みのお茶はすっかり冷めてて、もうどうしたらいいのわたし…せっかくの美味しいサンドイッチを急ぎ気味に食べて、逃げるように撤収.もう、寒くて寒くて、漕いでもなかなか身体は暖まらないし、足先はすっかりかじかんでるし…

ま、こんな日もあるわね.だけどこんなに寒くても、ちゃんと汗はかいたから、よしとしよう.

帰ってすぐさまシャワーで解凍して、暗くならないうちに畑へ…と思ったら雨.
歩いていくつもりだったけど、ミニベロでゴー.
Img_0659
寒さにあたって紫になったブロッコリー.この冬、唯一まともなデキの長葱と、雑草化したルッコラを摘んできた.

この冬は雨が多いと思う.そして、いつまでも、さむい.
春はまだ遠いのかな.

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ブログ村